Amebaニュース

愛と涙の朗読劇に加藤和樹「感情を抑えられる自信がない」

4月18日(水) 17:15

毎回さまざまな男女のペアで上演される朗読劇「私の頭の中の消しゴム 10th letter」が4月27日(金)より上演。2nd(2010年)、4th(2012年)、7th(2015年)に続き今回4度目の出演となる加藤和樹に話を聞いた。

【チケット情報はこちら】(PC)

原作は、連続ドラマ『Pure Soul~君が僕を忘れても~』(2001年)として生まれたのちに韓国映画『私の頭の中の消しゴム』としてリメイクされ、大ヒットとなった物語。若年性アルツハイマーを発症した薫と、それを受け止め、支え、尽くす浩介の切ないラブストーリーを、朗読劇として日替わりで人気俳優や声優が紡いでいく。脚本・演出は初演より岡本貴也が手掛ける。

本作への出演を「嬉しいです、またこの作品に帰ってこられて」と話した加藤。これまで3度出演したが「いくらでもできます」と断言。「ふたりでつくりあげていく芝居なので。相手が違うだけで雰囲気も呼吸も変わりますから」。今作でタッグを組むのは村川絵梨。「初めましてなのですごく楽しみです。柔らかい印象がありますが、どんな薫になるんだろう」と期待を寄せる。過去作の忘れられない組み合わせを聞いてみると、自身も出演した2ndの別所哲也×紫吹淳を挙げた。今作にも出演するペアだが「こうも違うのかと思いました。やっぱり経験や本人の資質がすごく出るんだなって。別所さんが涙を流している姿って観てるだけで辛くなる。だけど大人の凛としたところもあって。あれは自分が同じようにやっても絶対に出せないものでしたね」。

「読むだけで感情が溢れてきて、家で読む段階で泣いてしまう」と語る本作は、「入り込みすぎて、ボロボロになって読めなくなったこともある」と振り返る。そのとき、演出の岡本には「声にならなくてもいい。伝わるから」と言われたという。「僕は“いやでも朗読だしな”と理性が働く瞬間もあるんですけど、貴也さんはそれも取っ払って“いくら間を開けてもいい”と言われました。なにより“感情”が大事な作品だからって。もちろん言葉は大事でしっかり伝えなければいけないのですが、自分の物語としてちゃんと受け止めて、言葉にしていくのが大事なんだと思っています」。今回も「感情を抑えられる自信がない」と笑う加藤に、抑えられない感情とは何かを聞いてみると「“好き”という感情です」。“好き”が溢れる加藤の朗読、ぜひ劇場で体感してほしい。

公演は、4月27日(金)から5月6日(日)まで東京・よみうり大手町ホール、5月12日(土)から13日(日)まで大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。加藤は5月1日(火)11時・19時の回、5月13日(日)15時の回に出演。チケットは発売中。

取材・文:中川實穗

【関連記事】
チケット情報
チケットぴあ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ