Amebaニュース

乗車拒否も当たり前、夜の銀座のタクシールールを教えます――銀座最年少ママ・桐島とうか

4月8日(日) 15:55

提供:


 こんにちは。クラブモントレーでママをしております、桐島とうかです。今回は、夜の銀座のタクシー事情についてお話します。お仕事でも、デートでも、銀座を使う方の参考になれば幸いです。



 銀座の中通りでは、夜10時から1時まで、タクシーを拾う事ができないんです。迎車でさえ、その時間内は区域外にしか呼ぶ事ができません。



 地方からの出張でいらしたお客様や、銀座で働き始めたばかりの女の子からは、ルールを知らずにタクシーの運転手さんに断られた話や、怒られた話をよく聞きます。銀座って本当にめんどくさい街ですよね。



 ただ、深夜1時を過ぎても暗黙の銀座タクシールールが存在するのです。例えば、銀座周辺に止まっている空車の個人タクシー。走っている空車がなかなか見つからないのに、空車の個人タクシーが何台も止まっていて不思議に思う事があるかと思います。でもそのタクシーは、じつは長距離のお客様限定なのです。時には近場まででも乗せてくれる優しい運転手さんもいますが、知らずに乗ろうとすると当たり前の様に乗車拒否されてしまう事も多々あるのです。



 また乗り場でも、女性が1人で1番前に並んでいると、全く乗り場にタクシーが止まらなくなるのです。それどころか、平気で目の前を空車のタクシーが何台も走り去っていってしまいます。銀座で働く女性は、近場に住んでいる事が多いからです。男性のお客様だって、ワンメーターもない距離を乗る方も多いのに!!!!(笑)



 先日の、雨の日でした。いつもどおりタクシー乗り場に並んでいた時のことです。その日は乗り場が凄く混んでいて、いつもより15分ほど長く待ちました。やっと自分の順番が来たと思ったら、タクシーが全く乗り場に止まってくれなくなってしまったのです。私の後ろに並んでいる酔っ払いの男性達からも



「女が1人で並ばれると迷惑なんだよなー。タクシー全然止まらなくなったじゃん」



 などと囁かれ、凄く悔しい気持ちと、申し訳ない気持ちでいっぱいになっていました。やっと止まってくださったタクシーに乗車し行き先を告げたところ、そのタクシーの運転手さんから



「あの乗り場も女の子が前に並ぶとタクシー止まらないでしょ?かわいそうだから仕方なく止まってあげたんだから感謝してよね。乗せてあげたんだからせめて遠く行ってよ」



 と言われました。私もさすがに、運転手さんにまでそんな風に言われた事に唖然としてしまいました。近場で申し訳ありませんでしたと、多めに支払い降りましたが、本音は



 だったらタクシー乗り場に、女性は並ばないでくださいと書いてよ!

 銀座のタクシー運転手、天狗すぎ!



 でした。



 愚痴ってしまってごめんなさい。また来週♡





【桐島とうか】
’92年生まれ。’15年に学習院大学経済学部卒業。学生時代に起業して失敗し、水商売の道に進む。銀座にあるクラブ「Monterey」でママを務め、銀座のママとしては現在最年少。お店に来ている顧客数は2500人、個人の月間売り上げは1000万を越える。習い事はフラメンコ、ゴルフ、料理。趣味は仮想通貨投資、競馬、着物など

【関連記事】
迷惑な客は女性が多い!? 夜の街のタクシートラブル
銀座でモテる客は「ホステスに媚びを売る“隙”を作らせない」――銀座最年少ママ桐島とうか
「キャバクラで嫌われるお客様」を私が大事にする理由――歌舞伎町・10億円女社長
銀座ホステスの恋愛事情――銀座最年少ママ桐島とうかの「漆黒革の手帳」
キャバ嬢に“太客”と思わせる3つのズルいテクニック。まずはLINEのカバー写真を変更せよ
日刊SPA!

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ