Amebaニュース

「金魚が泳いでる電話ボックス」、奈良の商店街から撤去へ 存続求めるネット署名も始まったが...

4月4日(水) 20:03

奈良県大和郡山市内の商店街にあり、観光名所にもなっている「金魚電話ボックス」が、近く撤去される見通しになった。

著作権を巡るトラブルが起きたためで、ツイッター上などでは、撤去を残念がる声も出ている。

福島の美術作家が著作権侵害を主張したが、商店街は反論
かつては街角に普通にあった電話ボックス。その中に、鮮やかなオレンジ色の金魚たち数十匹が悠々と泳いでいる。まるで、日常の中に幻想の世界が現れたかのようだ。


この金魚電話ボックスは、2014年ごろに市内の柳町商店街に設置され、人気の観光スポットになった。「金魚の町」をうたう市の観光パンフレットにも載せられ、最近は、インスタ映えすることで話題になっている。

town20180404200222.jpg

もともとは、京都造形芸術大の学生グループが11年ごろに制作した作品で、それが地域振興に再利用された形だ。電話ボックスは、商店街などが管理に当たっている。

ところが、この電話ボックスについては、福島県いわき市内の現代美術作家、山本伸樹さん(62)が当初から著作権侵害を訴えていた。山本さんが1998年に制作した作品に酷似しているというものだ。

商店街では、山本さんと話し合った結果、17年8月に商店街と山本さんとのコラボ作品だとする貼り紙を出したが、山本さんは、自腹を切って自分の作品と同じ色の電話機に付け替えることも求めた。これに対し、商店街では18年3月28日、著作権侵害と認識していないとしながらも、トラブルの経緯や現状を考えて電話ボックスを撤去することを決めたと山本さんに回答した。

大和郡山市は、観光パンフの差し替えに困惑示す
金魚電話ボックスが撤去される見通しが4月3日に一部で報じられると、ツイッター上などでは、残念がる声が相次いだ。署名サイト「change.org」ではすでに、「大和郡山の金魚電話ボックスを撤去しないでください!!」とする呼びかけが行われており、4日夕現在で500人以上が賛同している。

山本伸樹さんも4日、大和郡山市内で記者会見を行い、撤去されることについて、「とても悲しいですよね」と述べた。著作権にこだわる理由については、「表現者としてのオリジナリティは、最低限守らなくちゃいけない」と説明した。

柳町商店街協同組合の伊藤聡夫理事長は4日、Jタウンネットの取材に対し、電話ボックスの撤去を決めたことを認め、それが9日以降になる見通しを示した。

「著作権を棚上げして、コラボ作品の形だったらいいと、貼り紙を出しました。山本さんの著作権を認めたわけではないので、それ以上はできないですね。話し合いは不調に終わりましたので、諸般の事情から撤去したということです」市の地域振興課では、「商店街から電話ボックスを撤去するという話は、聞いています。観光パンフレットに載せており、差し替えないといけないのでその点では困りますね」と取材に話した。



【関連記事】西鉄が「ウェブ動画」に力を入れるワケ
鉄道博物館で「E1系新幹線」車内を特別公開中! 見どころポイントを聞いてみた
甲冑姿で「桶狭間の戦い」ガチ再現 5.20清洲城で開催へ
あの「用途がわからないもの」がネット通販に登場
日高晤郎さん死去、道産子はショック... リスナー「ビックリした」
Jタウンネット

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ