Amebaニュース

千原せいじさんは260万!はるな愛さんは600万!? タレント経営の飲食店での使い込み被害とは

3月13日(火) 11:30

今に始まったことではないが、芸能界では飲食店を経営するタレントが多数存在する。

料理の趣味が高じて……栄枯盛衰の激しい芸能界に不安をおぼえて……さまざまな理由があると思うが、飲食は飲食で芸能界に負けず劣らず厳しい世界。

従業員に運営を任せがちになるのでさまざまなトラブルもおこりやすい。

3月9日深夜に放送された『ザキ山小屋』(朝日放送)ではタレント業のかたわら飲食店を経営する千原せいじさんとはるな愛さんが出演し、それぞれがこうむった使い込み被害を告白した。

千原さんの場合、名古屋の店舗で定期的に売上金に誤差が出ることを不審に思っていたところ店員が失踪。

店員がお金を貢いでいたキャバ嬢から「今店にいますけど……」とタレコミがあり事件の全貌が明らかになったが、被害額は260万円に及んだそうだ。

はるな愛さんは店員が課金携帯ゲームにのめりこみ600万円を使い込まれた。

しかし、その店員は失踪していたものの数年後にひょこっと現れ、漁師に転職して貯めたお金を手に謝罪。今は和解して店舗に魚を卸してもらう仲になっているようだ。

はるなさんの場合はいいオチがついたから良かったものの、世の中はなんとも世知辛い。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』
ガジェット通信

関連キーワード

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ