Amebaニュース

2016年のEU:再エネ2020年目標達成は28ヶ国のうち11ヶ国

2月26日(月) 5:00

提供:
1月25日の eurostat の発表によると、2016年での欧州連合(European Union(EU))28ヶ国全体の最終エネルギー消費に占める再生可能エネルギーの比率は17%に達し、統計を開始した2004年での同8.5%の約2倍になった。

《原文より抜粋》
In 2016, the share of energy from renewable sources in gross final consumption of energy reached 17% in the European Union (EU), double the share in 2004 (8.5%), the first year for which the data are available.

EU全体の2020年の再エネ導入目標は電源構成比20%であり〔資料1〕、国別で見ると28ヶ国のうち11ヶ国が自国の再エネ導入目標を既に達成している〔資料2〕。

〔資料1〕
2018.1.25 eurostat newsrelease

〔資料2〕
2018.1.25 eurostat newsrelease

2016年において、最終エネルギー消費において再エネ比率が高い国は、上から順に、スウェーデン(再エネ比率53.8%)、フィンランド(同38.7%)、ラトビア(同37.2%)、オーストリア(同33.5%)、デンマーク(同32.2%)など。下から順では、ルクセンブルク(同5.4%)、マルタ(同6.0%)、オランダ(同6.0%)など。

With more than half (53.8%) of its energy coming from renewable sources in its gross final consumption of energy, Sweden had by far the highest share in 2016, ahead of Finland (38.7%), Latvia (37.2%), Austria (33.5%) and Denmark (32.2%). At the opposite end of the scale, the lowest proportions of renewables were registered in Luxembourg (5.4%), Malta and the Netherlands (both 6.0%).

(社会保障経済研究所 代表 石川 和男 Twitter@kazuo_ishikawa)
Gadgetwear

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ