Amebaニュース

ドイツの電源構成(2017年) 〜 石炭37%、再エネ33%、天然ガス13%、原子力12%・・・

2月14日(水) 7:00

提供:
ドイツのシンクタンク Agora Energiewende が今月5日に発表した “Die Energiewende im Stromsektor: Stand der Dinge 2017”(英語版資料 “The Energy Transition in the Power Sector: State of Affairs in 2017”)では、2017年でのドイツの電源構成比などエネルギー関連指標が多数掲載されており、主なものは次の通り。

(1)電源構成では、再エネが伸びたが、石炭(無煙炭)が落ち込みは顕著で、風力を下回った。

  <電源構成比>
   ①石炭37%(褐炭23%・無煙炭14%)
   ②再エネ33%(風力16%・バイオマス8%・太陽光6%・水力3%)
   ③天然ガス13%
   ④原子力12%
   ⑤石油など5%

《原文より抜粋》
The power mix in 2017: Renewables well in the lead; hard coal falls significantly, now behind wind energy



(2)発電量では、再エネは伸び、石炭(無煙炭)と原子力は落ち込んだ。

Power production in 2017: Renewables hit record high, hard coal and nuclear at record low



(3)再エネ発電量では、風力が大きく伸びたことで、再エネ全体として200TWhを初めて超えた。

Renewables in 2017: Good year for wind and strong growth in capacity take renewables over 200 TWh mark for the first time



(4)電力消費量での再エネ割合は36%を超え、再エネの2025年目標は2020年までに達成しそうな勢い。

Renewables cover 36 per cent of electricity use; Germany on track to reach 2025 target by 2020



(5)再エネ以外の発電量では、石炭(無煙炭)と原子力が1990年以降最低、天然ガスは微増、石炭(褐炭)は例年並みを維持。

Conventional power production in 2017: Hard coal and nuclear power fall to lowest levels since 1990; gas rises slightly and lignite remains constant



(6)一次エネルギー消費量では、再エネ・石油・天然ガスが伸び、原子力・石炭(無煙炭)が減少。

Primary energy consumption in 2017: Renewables, petroleum, and natural gas increase; nuclear power and hard coal decline



(7)化石燃料に係る一次エネルギー消費量について、2014年以降増加傾向にある中で、ここ数年は殆ど変化なし。

Primary energy consumption in Germany since 1990: For years now, very little changes in fossil fuel energy use – since 2014 even a rising trend


(8)温室効果ガス排出量は、石油と天然ガスの消費増によって高止まっており、2020年までの1990年比40%削減という目標にはほど遠い。

Greenhouse gas emissions 2017: As use of petroleum and natural grows, greenhouse gas emissions stagnate at a high level – the 40% reduction goal by 2020 is far away



(9)電力部門での温室効果ガス排出については、石炭(無煙炭)の消費量減によりCO2排出量は緩やかに減少。

Greenhouse gas emissions in the power sector in 2017: With hard coal use in decline, CO2 emissions are falling, albeit slowly



(10)ドイツは発電量の10%を輸出するなど、欧州では電力輸出大国。

Germany is Europe’s electricity export leader: Power totaling 10% of consumption sold abroad



(11)ドイツの主な電力輸入元はスウェーデン・デンマーク・チェコで、主な電力輸出先はフランス・オランダ・スイス・オーストリア。

Germany imports electricity from Sweden, Denmark, and the Czech Republic and exports it to France, the Netherlands, Switzerland, and Austria.



(12)ドイツの卸電力価格は、スカンジナビア諸国に次いで低い水準。

Power exchange prices in 2017: Germany has Europe’s second-lowest electricity prices after Scandinavia



(13)卸電力価格の上昇による電力調達コストの上げ幅は、再エネ賦課金の下げ幅を超えた。 Electricity costs in 2017: Reduction in EEG levy overshadowed by increase in electricity procurement costs due to rising wholesale prices



(14)2018年での家庭向け電気料金単価は、前年比1.4%増で1kWh当たり30centを超える見込み。

Electricity costs in 2018: Power rates for households in 2018 increase by 1.4 per cent to just over 30 cents per kWh



(社会保障経済研究所 代表 石川 和男 Twitter@kazuo_ishikawa)
Gadgetwear

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ