Amebaニュース

狩野英孝、お蔵入りしていた番組が放送 ファンから「勇敢すぎて尊敬」と絶賛の声

1月28日(日) 11:23

お笑い芸人の狩野英孝が28日、自身のアメブロを更新。自身の不祥事からお蔵入りとなっていた番組が放送されたことに感謝の思いをつづった。

狩野は27日放送のフジテレビ系『坂上探検隊』に出演。南アフリカ共和国の大自然の中、動物の着ぐるみを着て、猛獣たちに接近。“自撮り”を撮るという無謀なロケに挑戦した。しかしロケから帰国後、不祥事が発覚したため、放送延期となっていた。

狩野は「フジテレビ「坂上探検隊」を、見ていただいた視聴者の皆様 本当ありがとうございます」と感謝をつづり、「個人的理由で、ご迷惑をおかけしましたフジテレビ様、本当申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉をつづった。「あぁ〜、ただロケは怖かった‥」と回想し、「ライオンが二頭迫ってて来た時はヤバイ‥終わる‥」と“死”も覚悟したようだが、ケガなく無事にロケが終わったことに安堵の気持ちをつづった。

続けて「ライオンとのロケ終わり ホッと、しての写真。。」とライオンの着ぐるみの頭の部分を持ち上げる勇ましい写真を公開。サイやキリンの着ぐるみを着た写真も公開した。また「みんなで打ち上げ。。最高のロケでした!」と大量の肉の横でリラックスした表情を浮かべる自身の写真も公開。「視聴者の皆さん スタッフの皆さん そして、美味しく絡んでくれた動物の皆様wwありがとうございました!!」と猛獣にも感謝をつづってブログを締めくくった。

ファンからは「とにかく叫んで笑った!怖かったし面白かった」「狩野さん!勇敢すぎて尊敬します」「何事もなくて良かったけど、ドキドキハラハラとキリンの時つい笑ってしまいました 息使いが早くて恐怖が伝わってきました」などと番組の感想が続々寄せられている。

【関連記事】
「坂上探検隊」(狩野英孝オフィシャルブログ)
狩野英孝 お笑いを目指したきっかけは芸人のカッコよさ
狩野英孝 映画学校時代の謎の授業を明かす「ホームステイして田植え」
狩野英孝 貞子になれるフェイスパックし1人で笑う「夜中に何やっているんだろ」
狩野英孝、本当に辛いのは「周りにアトピーをいじられる事」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ