Amebaニュース

鉛筆で紙爆弾を発射!-鉛筆をスリングショットにする「PENPOW」

1月13日(土) 23:30

「PENPOW」は、鉛筆をスリングショットにするペンシルクリップ。「退屈」という敵と戦うために開発された文房具だ。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

片手で鉛筆をしっかりホールドしたら、「PENPOW」の先端に小さく丸めた紙をセット。狙いを定めてリリースすれば、“紙爆弾”が飛ぶという仕組みだ。“監視者(?)”の目を欺き、その背後で気づかれないように壮絶に紙爆弾を撃ちあえば、2重の意味でスリリングな戦いとなるだろう。

「PENPOW」で飛ばせるのは爆弾とは限らない。丸める前の紙にメッセージを書き込んで狙った人の机に届ければ、“監視者(?)”の目を盗んでこっそりと文通することだってできる。

通販サイトPeleg Designで購入できる。価格は8ドル。日本への送料が別途3ドル必要となる。


【関連記事】
100均グッズで製本? ― ダイソー「どこからでもとめられるホッチキス」は、3号針仕様
本を読むために作られたソファ「Bookinist」…猫車のように、ゴロゴロと
「ネコザイル」「無重力ネコ」「KISSネコ」の沖昌之さんの写真が、婚活本に採用された理由って?…「好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい」
スマートフォンをノートPCにするRazer「PROJECT LINDA」―スマホを“タッチパッド”として使用
インターネットコム

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ