Amebaニュース

【わろてんか】千葉雄大、京ことばに目覚める?「芸妓さんや花魁の役もやってみたい」

10月12日(木) 21:00

提供:
 NHKで放送中の連続テレビ小説『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)で、ヒロイン・藤岡てん(葵わかな/幼少期・新井美羽)の兄、藤岡新一を演じている俳優の千葉雄大。ドラマは始まったばかりだが、彼の話す「京ことばがええなぁ」「朝から聴ける喜び」と、楽しみにしているファンもいる。

【場面写真】妹にちょっとデレてる兄・新一役の千葉雄大

 新一は、京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長男。薬学科の学生で、どんな病気でも治せる薬を開発しようと研究に励んでいた。明治時代にドイツ語の通訳ができるほど優秀だったが、小さい頃から病弱。てんにとっては、とても優しい兄で、「つらいときこそ笑うんだ」と、“笑い”の大切さを教えてくれた、かけがえのない存在となる。

 京ことばついて、千葉は「京ことばを話す役は初めてなので、難しくはあるのですが、柔らかな雰囲気が言葉としてとても好きなのでうれしいです。関西出身の友達とは、京ことばで話すようにして、違っていたら指摘してもらう、という実践練習をしていました。成果のほどはわかりませんが(笑)」と、地道な努力も重ねた。

 千葉の話す京ことばが「女っぽい」という指摘に、本人も異論はなく、葵からも「千葉さんのしゃべり方、はんなりしてますね。どうしたらそうなるんですか?」と、聞かれたという。

 「京ことば指導の先生から『語尾を切っても大丈夫ですよ』と、言われていたのですが、どうも僕は舞妓さんが話す京ことばが好きで、そのイメージが強くて、『ゆうてはるんやなぁ』などと、語尾に『ぁ』や『ぇ』がついてしまい、女性的になってしまいました」と、打ち明ける。冗談なのか、本気なのか、「いつかは芸妓さんや花魁の役もやってみたいですね(笑)」とも話していた。


【関連記事】
話題作が続く千葉雄大、役者業への想い「暗めの役のときは、奇行に走るクセがあるんです」 (17年09月12日)
【わろてんか】ヒロイン・葵わかな、「一日一笑い」で大役に挑む (17年10月09日)
【わろてんか】松坂桃李、2度目の朝ドラで“無茶ぶり”も「役者冥利に尽きる」 (17年10月05日)
松たか子、朝ドラ『わろてんか』主題歌が8年ぶりシングルに (17年09月28日)
大野拓朗&前野朋哉、ガチ漫才を初披露 『わろてんか』コンビが腕試し (17年09月10日)
ORICON NEWS

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ