Amebaニュース

ミッツ・マングローブ マングローブをもらい芸名の秘密明かす

10月7日(土) 20:48

タレントのミッツ・マングローブが、「マングローブ」をもらったことを自身のブログで報告。自らの芸名の由来について明かしている。

ミッツがマングローブをもらったのは今年の夏のこと。沖縄県名護市の地域交流拠点施設「わんさか大浦パーク」からの贈り物を開けると、中にはマングローブの苗木が3つ入っていたという。ミッツによれば、マングローブとは、「亜熱帯の湿地帯に生息する様々な植物の森林」のこと。入っていたのは、沖縄のマングローブの中でも、最も有名な「ヒルギ」の苗木だったという。

ミッツは「マングローブ」という芸名を使っているが、そもそもマングローブに思い入れがあったわけではないそうだ。ブログによれば、

「実は私、当時マングローブが何かすらも知らないまま、『サウンドが良い』という理由だけで、自分の女装名にしてしまった過去があります」

とのこと。ちなみに今年は、「ミッツ・マングローブ」を初めて名乗ってから20年という記念の年で、初めて名乗ったのは「確か8月の終わり、吉祥寺のライブハウスだった」そうだ。

ミッツはこれまでも何回かマングローブをもらったことがあり、母親からもらった際には、「これが枯れたら、アナタも芽が出ない、マングローブとしては大成しないと思いなさい」と言われたものの、「すぐに根腐れして朽ち果てました」とのこと。東京でマングローブを育てるのは難しく、今回もらったマングローブのうち1本は、「割と呆気なく力尽き」たものの、もう1本は新芽が生じ、

「意地でも冬を越えてみせます。
そしていつか、故郷の『マングローブ・ロード』に、私の手で帰してやるの日を夢見て、これからもマングローブの名に恥じぬよう、根強く生い茂っていこうと思います」

と、決意の程を述べている。

【関連記事】
「20年目のマングローブ」(ミッツ・マングローブ オフィシャルブログ)
川崎麻世、年齢差18歳 斎藤工との2ショット公開「彼がモテる意味がわかった」
鈴木おさむ、家族3人で初ディズニー「抱っこで僕の腰と足もやられました」
スガシカオ 「かけすぎ部」活動報告、ネギてんこ盛りでもはや麺が見えないラーメン公開
辻希美 一家でトランポリンに大ハマり「いい運動」「痩せちゃうわ」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ