Amebaニュース

ホンダ、AI搭載スポーツカー「Honda Sports EV Concept」を東京モーターショーで世界初公開

9月29日(金) 13:50

ホンダは東京モーターショー2017で、「Honda Sports EV Concept(ホンダ・スポーツ・イーブイ・コンセプト)」を世界初公開。また、「Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)」や、新型「CR-V(シーアールブイ)」を日本初公開する。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

世界初公開となる「Honda Sports EV Concept」は、コンパクトなボディーに、EV性能と人工知能(AI)を組み合わせ、人とクルマがひとつになったような運転感覚を体験できるモデルを目指して開発されたもの。「Honda Urban EV Concept」とプラットフォームを共有しながら、多彩なライフスタイルに溶け込みやすい、次世代のスポーツカーを目指した。

日本初公開となる「Honda Urban EV Concept」は、将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すモデル。初代CIVICを想起させるエクステリアと、パーソナルコンシェルジュ機能が特徴。

同じく日本初公開となる新型「CR-V」は、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したFF車と4WD車をラインナップ。また、ガソリン仕様車には新たに3列目シートを設定した。

二輪車では、「Honda Riding Assist-e(ホンダ・ライディング・アシスト・イー)」を公開。ロボット研究で培ったホンダ独自のバランス制御技術を二輪車に応用し、極低速走行時にマシン自体がバランスを保ってライダーの負荷を軽減する。

その他、約60年にわたるカブの歴史、現在、未来を伝えるカブワールドを展開。スーパーカブ C100(1958年)などが展示される予定。


【関連記事】
ホンダ、自立するバイク「Honda Riding Assist」を公開…「感情エンジン」を搭載した「Honda NeuV」も
ホンダ、上海モーターショーで「Honda NeuV(ニューヴィー)」を中国初公開
ホンダ、パーソナルコンシェルジュ機能を持つ「Honda Urban EV Concept」や「CR-Vハイブリッド プロトタイプ」などを公開
わくわくゲートのホンダ「STEP WGN(ステップ ワゴン)」がマイチェン―「Honda SENSING」を全タイプに標準装備
インターネットコム

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ