Amebaニュース

松居直美が教える、子供が不登校の理由を聞かれた時の対処法

9月2日(土) 12:13

9月1日は多くの学校が始業式となるが、内閣府の発表によると18歳以下の自殺者数が飛びぬけて多い日だという。今年は多くの著名人が自殺をしないよう呼びかけたり、学校に行く必要はない、と呼びかけた。

そんな中、タレント・松居直美が9月1日に更新したブログで、息子が不登校だった時期の状況を振り返っている。

不登校時に息子と2人で出掛けていると、学校はどうしたのか聞かれることがあったようだ。お茶を濁してやり過ごしていたが、とある高齢女性からは「あら、学校は?あ!今日は創立記念日だったね」と言われたのだという。

「その地区の学校は創立記念日だったようでした。

それからは直樹と創立記念日と答える事にしました。」

このように、不登校であることを大っぴらに言うことは憚られたものの、「創立記念日だから休み」と言う術を身につけたのだ。これに対しては多くのコメントが書き込まれた。

松居同様、学校に息子が登校せずゲームセンターに通う理由を聞かれキチンと答えたものの辛かったという母親も登場。心理士からは「真面目に答えなくていいんですよ。適当に へへへ と、笑っておけばいいですよ」と言われ、目から鱗が落ちたという。

このように、松居の「創立記念日」には同意する意見が多数書き込まれた。これを受け、松居は当時自分が書いていた日記の内容を公開。当時辛かったとしたうえで、こう書いた。

「日記には、自分は親としてダメなんだ、といった内容の事が書かれていました。

そのダメな所を責められる気がして人に会いたくない、とも書かれています。

時が過ぎて思うのは、

渦中にいると停滞しているように感じて焦ったりしていたけど、悩んでいる時間の中でも確実に、子どもも親も成長していたんじゃないかな?

という事です」

子供が不登校だからと言ってもそれは「停滞」を意味するのではなく、その状況も含め成長していると捉えるようにしたようだ。

【関連記事】
・「不登校の時の日記」(松居直美オフィシャルブログ)
・「どうもありがとうございました」(松居直美オフィシャルブログ)
・「おはようございます」(松居直美オフィシャルブログ)
・misonoカップル、たむけんら100人グループで淡路島へ「似顔絵ケーキ」でお祝いも
・川崎希、夫・アレクとのマタニティフォト公開「プリントして飾りたい」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ