林家たい平、24時間マラソン坂本トレーナーとブルゾンを応援

※林家たい平オフィシャルブログより

林家たい平、24時間マラソン坂本トレーナーとブルゾンを応援

8月27日(日) 17:09

2017年、第40回を迎えた『24時間テレビ』(日本テレビ系)のランナーは当日まで発表されない“サプライズ”の形を取ることになった。26日、ブルゾンちえみがランナーに決定したが、昨年のランナーだった林家たい平が、ブルゾンの応援に行ってきたことをブログで報告した。

マラソンでは、ランナーに24時間テレビのシャツを着た伴走スタッフやその他多くのスタッフがつくが、有名なのがトレーナーの坂本雄次氏である。たい平も昨年はお世話になっており、今年、坂本氏とのツーショット写真を公開している。

「あらためてスタッフサイドから見ると

こんなにもたくさんの皆さんに

支えてもらって走っていたんだなぁと

感慨深いものがありました」

このように述べ、マラソンの様子を客観的に見るとこれだけ多くの人々が関与しているのか、と感謝している。

また、去年一緒に走った人々との集合写真やブルゾンが走る様子も公開。ブルゾンの奮闘を見届けたうえで、本人は『笑点』の生放送へと向かうと報告した。

2012年のランナーは佐々木健介・北斗晶ファミリーだったが、坂本氏はこの時の様子を当時ブログでつづっていた。家族4人で120kmを走り切ったが、相当キツかったようだ。

「健介さんは予想外に早い段階で

ハムストリングに軽い肉離れ、

北斗晶さんも当日の高温に苦しんだ。

全体ペースが押してしまい

時間のハンディを背負った北斗さんが

起死回生の踏ん張りをみせて

チームを時間内ゴールに導いた結果となり

すべてが円満に収まった」

坂本氏は1947年生まれ。「ランニングプロデューサー」として、数々の選手を指導し、さらには多数の大会を企画・運営する会社を立ち上げた人物である。第一回目の1992年から24時間テレビのマラソンにもかかわっている。

【関連記事】
・「24hチャリティーランナー」(林家たい平オフィシャルブログ)
・「8月27日 炎天下の24時間テレビ」(坂本雄次オフィシャルブログ)
・「明日は」(ブルゾンちえみオフィシャルブログ)
・水川あさみに「気さくさの塊」
・ブルゾンちえみ、Mステでオースティン・マホーンと共演「シビレました!」
・ブルゾンちえみ、オースティンと『キャリアウーマン』コラボ実現に「夢のよう」
Ameba News/ブログ発

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News