Amebaニュース

トランプそっくりのニワトリのバルーンがホワイトハウスの近くに出現!

8/11(金) 16:55


トランプ大統領に似たニワトリの巨大なバルーンが、8月9日の午後、ホワイトハウスの近くに出現した。

特徴的な金髪のこのニワトリ、手の形までトランプ大統領によく似ている。情報メディア『The Hill』によれば、このバルーンは2016年に中国のモールでお披露目された像をモデルにしているのだとか。

It appears some protesters have inflated this behind the White House. pic.twitter.com/TduZC591BK - Steve Kopack (@SteveKopack) 2017年8月9日 「反トランプの人たちがホワイトハウスの後ろで膨らませたようだ」

このバルーンの持ち主であるタラン・シン・ブラール氏は、『ハフィントンポスト』のフィリップ・ルイス氏に対し、この巨大バルーンはトランプに対する目に見える形での抗議だと話している。ブラール氏は、トランプ大統領が「納税申告書の公開もできず、ロシアのプーチン大統領に盾突くこともできないChicken(臆病者)」であると伝えるために、このニワトリを1,300ドル(約14万円)で購入したのだそうだ。

Taran Singh Brar says he bought it for $1300. It’s a visual protest. "Trump is too chicken to release his tax returns, to stand up to Putin" pic.twitter.com/JLohv0yl82 - Philip Lewis (@Phil_Lewis_) 2017年8月9日 「ホワイトハウスの裏にトランプそっくりなデカいニワトリがいる」
「タラン・シン・ブラール氏はこのニワトリを1,300ドルで購入したそうだ。目に見える抗議ということらしい『トランプは納税申告書の公開もできず、ロシアのプーチン大統領に盾突くこともできないChicken(臆病者)だ』」

ブラール氏はこのニワトリをホワイトハウスの真南にある公園ザ・エリプスに設置している。

この時、トランプ大統領とメラニア夫人は不在で、ニュージャージー州のゴルフクラブで休暇を楽しんでいたようだ。

■参照リンク

【関連記事】
トランプそっくりのニワトリのバルーンがホワイトハウスの近くに出現!
ついに公開!映画『スパイダーマン:ホームカミング』を観る前に知っておきたい6つの事(後編)
公開直前!映画『スパイダーマン:ホームカミング』を観る前に知っておきたい6つの事(前編)
『怪盗グルー』シリーズがアニメーション映画の世界興行成績でトップに!
NASA「惑星保護官」の求人に9歳の少年が応募し話題に
AOLニュース

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ