Amebaニュース

VIOの脱毛は健康上問題ないの?

7月7日(金) 11:00

提供:
デリケートゾーン(VIO)の脱毛を考えている女性からの相談です。脱毛による健康上の問題について、またおりものが多い体質の対策方法について疑問を持っています。
デリケートゾーンについての相談:「脱毛とおりものについて」
『生理の時の不快な臭いや蒸れを解消するために、デリケートゾーン(VIO)の脱毛を検討しています。若い女性の間ではこの部位の脱毛をしている人が多いですが、実際健康上の問題はないのでしょうか。また、私は元々おりものが多い体質ですが、これは生まれつきなのでしょうか。もし食生活や生活習慣で治るものであれば、教えていただきたいです。(20代・女性) 』

正しく処理されていれば健康上の問題はない デリケートゾーンの脱毛による健康上の問題は、特にないようです。見た目だけでなく、蒸れやかぶれ対策になるというメリットも期待できるようです。

『デリケートゾーンVIO脱毛はV=Vライン、I=性器周りの縦のライン、O=肛門の周り・肛門から性器までのラインの脱毛になります。場所が場所なだけに恥ずかしさや抵抗があるでしょうが、水着を着ても気にならないのはもちろん陰部が蒸れにくくなる・清潔が保てる・かぶれにくくなるなどのメリットがあります。(看護師) 』


『デリケートゾーンの脱毛による健康上の問題は、特にありません。しかし、生理前後や体調不良の時の施術は、肌が敏感になっているため施術しないようにしましょう。また、痒みやかぶれがある際の施術も控えましょう。(看護師) 』


『脱毛方法は機関によって異なりますが、光脱毛や微弱な電流を使用する方法があります。デリケートな部分ですから皮膚の弱い方はかぶれるかもしれませんが、健康には問題ないでしょう。(看護師) 』

生活習慣の改善でおりものが変わる 生活習慣に注意することでホルモンバランスや免疫力が整い、おりものの状態を改善出来ます。

『おりものの量には個人差がありますが、食生活や生活習慣を改善することでおりものの状態を改善することが出来ます。食生活の乱れやストレス、睡眠不足などで自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れます。その結果おりものの量が増えたり、臭いが強くなったりします。雑菌の繁殖に繋がる糖分を多く含む甘い物や臭いの原因となる動物性脂肪分の多い物は、控えるようにしましょう。(看護師) 』


『免疫力が低下するとおりものの量が増えるため、玄米やライ麦、野菜、果物、大豆や魚を中心としたタンパク質を摂って改善していきましょう。 (看護師) 』


『おりものは、生理周期によって変化します。排卵期になると量が増えますが、生理周期に関係なくおりものが多い場合は、ホルモンバランスの乱れや無排卵が考えられます。なるべく規則的な生活を送り、気分転換をしてストレスを溜めないよう心がけて下さい。(看護師) 』

デリケートゾーンの脱毛には様々なメリットがあり、健康上の問題は特にないようです。おりものの状態は生活習慣の改善で変えられるので、食事や睡眠などに注意してホルモンバランスや免疫力を整えましょう。

【関連記事】
ストレスでおりものに血が混じるように・・・放っておいても大丈夫?
おりものがゼリー状になるのは過食のせい?
もしかして更年期?長く続く褐色のおりもの
ズボンに浸みるほど多くてにおう、おりものに困っています
子宮頚管粘液が少ないと、おりものも少ないの?
イクシル

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ