Amebaニュース

【日刊Sumaiまとめ】話題のクリアファイル家計簿、無印…「挫折しない」家計簿3つ

7月1日(土) 20:00

提供:
 
今年こそ、家計簿をつけよう!続けよう!と思っても、結局続かず挫折してしまった経験はありませんか?
家計簿ってどれがいいのかよくわからないし、スマホアプリは入力忘れが多いし、金額が合わないと挫折するし……。
家計を把握するのは大事なことですが、なんだかんだ面倒くさいですよね。
今回は、「日刊Sumai」でご紹介して人気の高かった家計簿の使い方、アイディアをご紹介します。
 
■書かなくてオッケーってどいういこと?簡単でラクチンなクリアファイル家計簿
“クリアファイル”で家計をチェックすると「ATM通い」がなくなる!?

何度も何度も挫折している人は、このクリアファイル家計簿がオススメです。
まず食費・日用品の1日の予算を2,000円とし、1か月分のお金をファイルに分けて入れます。
買い物に行くときはそこからお金を取り出して財布に入れ、1日の終わりにレシートと残金を入れるだけです。
ついついATM通いしてしまい、給料日前はいつもカツカツ!なんて人はぜひこの書かない家計簿を試してみてはいかがでしょうか。
 
■シンプルすぎる無印良品の家計簿
初心者にこそおススメ!無印良品のシンプルすぎる「家計簿」が使いやすいワケとは…

ノートに書く作業が好きな人は、この無印良品の家計簿がオススメです。
項目を自由に定められる無印良品の家計簿は、シンプルで融通が利きます。
初心者はもちろん、ざっくり出て行くお金を把握したい人にぴったり。
 
■ゆる〜く長〜くつづけられる「おおらか家計簿」。つけるのは月に1回!?
使途不明金があっても大丈夫?プロが教える、ゆる〜く長く「家計簿」を続けるコツ
家計簿は毎日コツコツ!というイメージがありますよね。
でも、続けるためには毎日コツコツしなくてもいいんです。
残高が合わなくて「使途不明金」があってもOKという「おおらか家計簿」。
月単位での収入、支出(費目ごとの合計)、残高がわかれば、家計簿をつけるのは月に1回で十分!
費目を「コンビニ」、「ドラッグストア」などお店の名前に変えてしまうのも有効。無駄遣いに気づく良いチャンスにもなります。
 
いかがでしたか。
いずれも「無理しない」「シンプル」という共通点がありますね。
家計簿がつけられないという罪悪感とサヨナラしたい、という方はぜひこの機会に、試してみてくださいね。

 [こちらも合わせて読む]
100万円の繰り上げ返済で「127万円」おトクに!住宅ローンの繰り上げ返済について知ろう
日刊Sumai

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ