Amebaニュース

JAL、徳島就航60周年で記念イベント--初便はデ・ハビランドDHC-2 ビーバー

6月19日(月) 15:20

JAL、徳島就航60周年で記念イベント--初便はデ・ハビランドDHC-2 ビーバー
JALは6月20日、徳島就航60周年を迎えるにあたり、JAL456便(徳島11:40発/羽田12:55着)の出発前に記念セレモニーを実施する。当日は、徳島阿波おどり空港3階の搭乗口付近にて記念セレモニーとともに、搭乗者に記念品をプレゼントする。

徳島での運航は、昭和32(1957)年6月20日にJALの前身のひとつである日本観光飛行協会(後の日東航空)が、デ・ハビランドDHC-2 ビーバーにより徳島=大阪線を開設したことでスタートした。2017年6月現在、JALは徳島=東京(羽田)線をボーイング767とボーイング737-800にて1日7往復14便、J-AIRは徳島=福岡線をエンブラエル170で1日1往復2便を運航している。

【関連記事】
JAL、航空機の歴史 (1)
JAL、「阿波藍」ブラウスを制服に--徳島伝統の技を空港から発信
JAL、成田=メルボルン/コナ線を9月に開設--成田=パリ線は10月に運休
航空トリビア (26)
日本の航空会社で好きなCAの制服は?
マイナビニュース

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ