Amebaニュース

魚も野菜も超新鮮! 神奈川県三浦市『三崎朝市』が楽しすぎる

5月20日(土) 11:30

提供:
朝市は新鮮な農産物が多く手に入るため、地元住民だけでなく観光客にも人気のイベント。
関東で有名な朝市といえば、千葉県勝浦市で毎週水曜日以外に開催されている『勝浦朝市』が知られている。
だが、神奈川県三浦市にある三崎港付近で行われている『三崎朝市』も内容は非常に充実しており、開催される毎週日曜日は、オープンの朝5時から大盛況になっているぞ。
©sirabee.com
■会場は7時には落ち着く

©sirabee.com
しらべぇ取材班が訪れた朝7時には、すでにひと段落しており、屋台で『まぐろのとろ串』や『もつ煮』を美味しそうに食べる買い物帰りの人もちらほら。
©sirabee.com
オープンから2時間で完売してしまうほど人気の店舗も…朝市をフルに楽しむには、かなり朝早くから来ないとダメなようだ。
■マグロや海産物が激安

©sirabee.com
しかし、テントの奥へ進むとまだまだ買い物を楽しむ人も多く、中では新鮮なマグロや海産物が安く販売されていた。
©sirabee.com
野菜も非常にリーズナブル。三浦野菜ブランドが有名な地域なだけあり、スイスチャードなどオシャレな野菜も数多くあるようだ。
■朝市に間に合わなくても…

©sirabee.com
ちなみに、朝市会場のすぐ近くには直売所『うらりマルシェ』もあり、もし朝市に間に合わなくてもこちらで野菜や魚介類を買うこともできる。
©sirabee.com
三崎港で獲れたほうぼうや石鯛などの地魚もあるので、料理が好きな人には見逃せない魚のラインナップである。
■朝市後の朝食も忘れずに

©sirabee.com
さらに付近には食堂も多くあり、三崎港であがったマグロを使った定食を楽しむことも可能。
©sirabee.com
こちらの店『七兵衛丸』では、三崎マグロと地魚がセットになった定食が1,500円台でいただける。どの魚も新鮮でウマい!
三崎朝市では定期的にイベントも開催されており、そちらはホームページで随時情報が更新されている。
付近には『ソレイユの丘』など遊べる場所も多くあるので、三浦半島へ旅行をする際にはぜひ寄ってみよう。
・合わせて読みたい→ピーマンと塩昆布を和えるだけ!高知名物『切りピーマン』が異常なウマさ
(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)
横須賀の新たな魅力を発見『よこすかポートマーケット』が楽しすぎる
試食だけで腹いっぱい!大阪名物「木津の朝市」がお得でウマい
三崎市場直送のマグロが1200円で食べ放題!横浜桜木町『秀吉』
【沖縄の漁港グルメ】泊漁港の市場「泊いゆまち」は、まぐろ天国だった!
隠れたカツオの名産地!沖縄・本部町『さしみ亭』の味噌和えが激ウマ
しらべぇ

関連キーワード

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ