Amebaニュース

在宅・時短・フレックス…「女性が職場に欲しい制度ランキング」1位は、僅差でアレ!

5月10日(水) 6:30

提供:
あなたが職場に「あったらいいな」と思う制度って、どんなものですか?

▼在宅・時短・フレックス…「女性が職場に欲しい制度ランキング」発表!
ワークライフ・バランスを実現させるため、企業の働き方改革に注目が集まる昨今。週休3日制やプレミアムフライデーなど、話題の制度も少なくありません。
そこでこの春、ソニー生命がアンケートを実施。全国の20代〜60代の女性1,000人を対象に、職場に「あったらいいな」と思う働き方・制度を訊きました。すると結果は……?
 
▼女性に人気の働き方は「在宅」「時短」「フレックス」
女性1,000人に訊ねたのは、「職場にあると良いと思う働き方や制度」について。結果は、下のグラフのとおりになりました。
Q:職場にどのような働き方や制度があると良いと思いますか?
 
在宅,時短,フレックス,欲しい,制度,職場
【女性全体の回答】
1位 在宅勤務(58.5%)
2位 時短勤務(52.2%)
3位 フレックス制(47.6%)
4位 社内保育園(45.6%)
5位 週休3日制(42.6%)
6位 副業歓迎(38.1%)
7位 残業禁止(31.9%)
8位 子連れ出勤可(28.7%)
9位 プレミアムフライデー(23.6%)
10位 シエスタ(昼寝)(19.0%)
 
女性に人気の働き方は、1位「在宅勤務」、2位「時短勤務」、3位「フレックス制」であることが分かりました。とくに在宅勤務には、子どもがいる・いない両方の層から6割近い支持が集まり、注目度の高さが伺えます。
ネット環境が進歩して「この仕事、家でもできそう」と感じる機会が増えましたよね。また、仕事そのものよりも通勤などにストレスを感じている女性、家族のそばで働きたいと願う女性など、想像以上に多いのかもしれません。
では次に、子どもがいる・いない別に希望する制度の傾向を見てみましょう。
 
▼子持ち層は「子連れOKな環境」、いない層は「休息」「副業」を熱望
まずは、子どもがいる女性たちの回答です。
【子どもがいる女性の回答】
1位 在宅勤務(59.7%)
2位 時短勤務(52.4%)
3位 社内保育園(52.2%)
4位 フレックス制(49.1%)
5位 週休3日制(40.4%)
6位 子連れ出勤可(35.3%)
7位 副業歓迎(33.3%)
8位 残業禁止(32.2%)
9位 プレミアムフライデー(20.0%)
10位 シエスタ(昼寝)(13.6%)
3位に「社内保育園」」、6位に「子連れ出勤可」と、子どものそばにいながら働ける環境が人気です。幼稚園や保育園などに預けたくても預けられない待機児童問題もあり、働く母親の心理としては自然な結果と言えそうです。
一方、子どもがいない女性たちの回答はこちら。
 
【子どもがいない女性の回答】
1位 在宅勤務(57.0%)
2位 時短勤務(52.0%)
3位 フレックス制(45.8%)
4位 週休3日制(45.2%)
5位 副業歓迎(43.9%)
6位 社内保育園(37.7%)
7位 残業禁止(31.6%)
8位 プレミアムフライデー(27.9%)
9位 シエスタ(昼寝)(25.4%)
10位 子連れ出勤可(20.8%)
全体結果に比べ突出して人気なのが、4位「週休3日制」、8位「プレミアムフライデー」、9位「シエスタ(昼寝)」といった“休息”にまつわる制度。また、5位「副業歓迎」を希望する割合も非常に高くなっています。
子どもがいない層は、在宅・時短など効率的な働き方の他に、根本的な休息や収入増について「あったらいいな」と感じることが多いようです。
頑張り屋さんの現代女性たち。多種多様な働き方へのニーズは、今後も高まりそうですね。(豊島オリカ)
情報提供元:ソニー生命調べ
 
【あわせて読みたい】
※これはダメでしょ…職場で「仕事できないな~」と思われる人の言動5選
※出世した人の6割が「よくやっていた」と答えた過去の経験とは?
※心理テストでわかる!あなたが会社で信用を落としがちなミスとは?
※予定があって…職場から早く帰りたいときにめっちゃ使える「上司を納得させる」言い訳5つ
※忙しいと無意識にやりがち!「職場でされると怖い」NG行動4選
【関連記事】
【心理テスト】キーパーソン、うっかりミス、新入社員や上司の性格が丸分かり! 
ぶっちゃけます!「飲みニケーション」迷惑なのは、2位だらだら説教、1位は…
働く女性の4割は「本当は専業主婦になりたい」明かされる本音と現実
【夜の心理テスト】あなたは何%!? 社内不倫の確率がわかる心理テスト
ありえない!先輩社員の65%がギャップを感じる、新入社員の行動
CanCam.jp

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ