Amebaニュース

ピカピカの1年生・小野祐夢 65も1打届かず「この感覚を忘れないように」

4月21日(金) 19:52

提供:
<パナソニックオープンレディース 最終日◇21日◇千葉カントリークラブ 野田コース(6,512ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアー第3戦「パナソニックオープンレディース」最終日。トータル1オーバー・8位タイからスタートしたプロ1年目の小野祐夢が、8バーディ・1ボギー“65”を叩き出し、トータル6アンダー・2位フィニッシュ。最後は昨年のステップ賞金ランク2位の野澤真央に届かなかったものの、「悔しいというより、今日は上出来です」とベストスコア更新を喜んだ。

ニューヒロインはここから生まれる!?最終日のLIVEフォトで気になる選手をチェック!
「前半2つ伸ばして、後半は10番でバーディ。ここまでは普通でした。でも12番で10mのパットを決めたあとは、ちょっとビックリしています」。この時点ではトータル2アンダーと優勝争いに絡めていなかったが、12番から15番まで4連続バーディで一気に首位浮上。「今日はスイングのことだけを考えてプレーしましたが、12番からは自然とチャンスに寄って、ラインが読みきれていなかったホールも入って…」と、無心のバーディラッシュを披露した。

16番で1つ落としたものの、「最後の2ホールはちょっと(優勝の)可能性があるのかな…と思いましたが、自分のスイングに徹しようと思いました」と、最終18番パー5もしっかり伸ばして、クラブハウスリーダーとして試合を終えた。

これまでのベストスコアは昨年のプロテスト最終日に出した“67”。「アマチュアのうちにベスト更新したいと思っていて、最後に出たスコア」を2打更新し、「これだけバーディが獲れたのは初めて。8個ですよね…この感覚を忘れたくない」と優勝争いの実感よりも、初めての感覚に自身でも驚いてる様子だった。

今季の目標はステップ複数回優勝と、新人としては高い設定。「いまは試合がたくさんあって、毎週高めていけるので楽しいです。今日みたいにバーディをたくさん獲って、見ている人が楽しいと思えるようなプレーをしたいです」とは、プロ1年生らしい言葉だが、童顔で幼さが残るルーキーにとって、ギャラリーからの大きな歓声はプロとしての自信となり、目標に近づくための力になる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連リンク】
まだまだ写真が見たい…という方は女子プロ写真館でどうぞ!
フジサンケイレディス開幕!韓流美女から中国美人まで現地写真をお届け!
男前な勝ちっぷりも実感なし!野澤真央がステップ初優勝
ミニスカートに曲げない芯 注目アマ河本結はプロ連戦を終えて
ALBA.Net

スポーツ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

スポーツアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ