Amebaニュース

デニム生地を用いたアニメーション動画を「備中備後ジャパンデニムプロジェクト」が公開

4月21日(金) 10:15

提供:
備中備後デニムのルーツでもある備後絣(備中縞)を着て作業する女性をイメージしたシーン 備中備後地域(岡山県西部 / 広島県東部)では、行政と事業者が連携した「備中備後ジャパンデニムプロジェクト」を立ち上げ,地域資源である高品質なデニム生地の魅力を発信している。この「備中備後ジャパンデニムプロジェクト」が、デニム生地を活用したアニメーション動画「BICHU BINGO JAPAN DENIM STORY」をYouTubeで公開した(https://youtu.be/y5KKG6zTAQ0)。複数のデニムメーカーから提供された数十種類のデニム生地を使い、その色調や濃淡でのビジュアル表現に挑戦。同プロジェクトは、この手法を「デニム」×「アニメーション」の「デニメーション」と称している。 「備中備後ジャパンデニムプロジェクト」は、備中備後地域のデニムメーカー15社(3団体を含む)と広島県福山市、岡山県井原市による合同プロジェクトだ。高品質なデニム生地を製造する産地PRを推進しており、今回公開された動画でもデニムの歴史や製造工程を紹介。最終製品のジーンズではなく、アニメーションという意外な分野に素材としてのデニム生地を用いることで、多彩な領域に活用し得るデニム生地のポテンシャルが示された。 「備中備後ジャパンデニムプロジェクト」は、備中備後地域のデニムメーカー15社(3団体を含む)と広島県福山市、岡山県井原市による合同プロジェクトだ。高品質なデニム生地を製造する産地PRを推進しており、今回公開された動画でもデニムの歴史や製造工程を紹介。最終製品のジーンズではなく、アニメーションという意外な分野に素材としてのデニム生地を用いることで、多彩な領域に活用し得るデニム生地のポテンシャルが示された。 1秒あたり24時間以上かけて作り上げられたデニムの綾織りシーン1秒あたり24時間以上かけて作り上げられたデニムの綾織りシーン 屏風絵や日本画を思わせる平面構成で、雲にはホワイトデニムを使用屏風絵や日本画を思わせる平面構成で、雲にはホワイトデニムを使用 「BICHU BINGO JAPAN DENIM STORY 〜デニメーション〜」

備中備後ジャパンデニムプロジェクト
URL:https://www.facebook.com/BichuBingoJapanDenimproject/
2017/04/21
■関連記事
Amazon、肉・魚・野菜などを最短4時間で配達する「Amazonフレッシュ」開始 (2017.4.21)
シニア特化の写真素材サイト「じぃばぁ」、真実を語るおばあちゃんなどを無料提供 (2017.4.21)
音楽聞き放題サービスSpotifyが学割開始、高等教育機関の学生なら月額480円 (2017.4.21)
IIJmio、20GB/30GBのデータ量を追加できる「データオプション」を提供開始 (2017.4.21)
CTW、HTML5ゲームに特化した情報メディア「g123.jp」の正式提供を開始 (2017.4.21)
ヤフー、パスワード不使用のログイン方法を導入。パスワード忘れによる再設定は1日1万5000件 (2017.4.20)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ