Amebaニュース

関根麻里「心と頭への衝撃がすごかった」 映画『メッセージ』の感動を伝える

4月13日(木) 21:54

提供:
 映画『メッセージ』の試写イベントが13日、東京都内で行われ、メガホンをとったドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ゲストとしてタレントの関根麻里が登壇した。

 米作家テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を映画化したSFドラマ。言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、突然地上に降り立った、巨大な球体形宇宙船が人類の脅威なのかを調べるため、コンタクトを試みる。

 一足先に鑑賞した関根は「見終わった後の心と頭への衝撃がすごかった。SF映画だと思って見たけれど、ヒューマンドラマの部分に引き込まれました」と興奮気味にコメント。これを聞いたヴィルヌーヴ監督は「僕が初めて原作を読んだときと全く同じ気持ち。これはまさに人間ドラマなんです」と明かし「皆さんも機会があれば、ぜひ原作の短編も読んでください」とアピールした。

 この日の会場には、映画を学ぶ学生たち200人が集結。上映後のイベントとあり、監督は「ポジティブな感想、ネガティブな感想、どちらも聞いてみたいね」と学生たちの反応に興味津々な様子で、関根も「なかなかない機会。監督に聞きたいことを思いっ切りぶつけてください」と笑顔で呼び掛けた。

 将来、映画監督志望という学生からは「映画を撮るのは楽しいけど、その準備が大変で投げ出したくなる時もある。監督は精神的に追い詰められることはありますか?」という質問が。

 ヴィルヌーヴ監督は「僕はむしろ撮影の時にパニックに襲われる。不安感と闘いながら現場にいることが多い」とした上で、そういう状況に陥った時は「うまくパニックと折り合いをつけることにしている」と回答。「そういう答えが見つからない状況に陥った時、それをうまく自分の味方にしてしまうといい。その状況を居心地のいいものだと捉えれば、それはパワフルなものに変わるし、そこから素晴らしいものが生まれると思う」。さらに「僕は準備がすごく好きなんだ。作品について夢想することができるからね。君も準備を好きになったほうがいい」と優しくアドバイスを送った。

 また日本で10月に公開予定の映画『ブレードランナー2049』も手掛けているヴィルヌーヴ監督。進捗状況については「実は何もお話しできなくて…」と申し訳なさそうにしながらも「編集はそろそろ終わりそうな段階に入っている。SFXも膨大にあるが、作業ももう少し。いまは音を付けているところ」と報告。「僕にとってもこれまでで一番の野心作で、一番難しい作品になった。早く公開したいね」と声を弾ませた。

 映画は5月19日からロードショー。

【関連記事】
映画『メッセージ』“映像化不可能”と言われた原作を映画化実現に導いたものとは?
SF9、日本デビュー曲「Fanfare」MV&ファンへ感謝のメッセージも公開
シリアスで普遍的なメッセージを込めた大作、ファーザー・ジョン・ミスティー『ピュア・コメディ』(Album Review)
“謎の飛行体”にはモデルがあった?! 映画『メッセージ』本編映像初解禁
Base Ball Bear 新アルバム『光源』記念ニコ生決定! 質問、メッセージ大募集
TVfan

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ