Amebaニュース

若いけどスマホ労眼… 今から、の対策3選

3月31日(金) 13:03

提供:


 夕方くらいになってくると、なんだか目がショボショボ。そこから肩こりや頭痛へ。原因はもしかして今、手にしているスマホ…? 若いから平気、と思っている人には盲点だ。「ソーシャルトレンドニュース」(トレンダーズ・東京)が、最近話題のスマホ“労”眼について、「今からやるべき対策3選」をリリースしてくれたから、見ておこう。



 オフィスのデスクで使わざるを得ないパソコン。でも、通勤途上でもスマホでニュースを見たり、家でもなんとなくSNSを開いたりと、画面を見ている時間は長い。そうやって酷使した目の悲鳴かもしれない。目薬やアイマスクといった瞬間的なケアのほかにも、簡単にできることはある。

 例えば、スマホの照明設定を「ちょっと暗すぎかな」と思う程度にして、ブルーライトを抑える。もちろん家電量販店などで販売されている、ブルーライト・カットの液晶フィルムを使うのも簡単で有効な手だ。

 目のピントをリラックスさせる、という方法もある。目が疲れる大きな原因の一つは、“目のピントが合わせづらいこと”。ゲームをしたりニュースを読んだり、近くのものをジッと見続けていると、目のピント調節をする筋肉が緊張してしまっているのだそうだ。そこで、「遠くにあるものを見るようにする」ことが、一つの対策。ほんの3m先くらいでも、意識的に遠くの対象物を見つめるようにすることで、筋肉はリラックスしやすくなるという。

 そして三つ目の方法は、一定の時間スマホ断ち、という“荒療治”。たとえば「夜21時以降は朝まで絶対にスマホをいじらない!」といったマイルールを決めて、強制的にスマホから目を解放する。必要のない“ダラダラ”見をやめるだけでもだいぶ違うかもしれない。



【関連記事】
ケーブルやタップをすっきり収納 サンワサプライのケーブルボックス
OVO

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ