Amebaニュース

「ベルサイユのばら」の錯視錯覚アートが横浜大世界のアートリックミュージアムに登場

3月21日(火) 9:45

提供:
「ベルばらの部屋」 2017年3月18日(土)から9月18日(月・祝)まで、テーマパーク型商業施設「横浜大世界」のアートリックミュージアム 5F フロアにて、期間限定の企画展「ベルばらの部屋」が開催されている。池田理代子プロダクション監修のもとで実現された名作コミック「ベルサイユのばら」とのコラボレーション展。「ベルサイユのばら」が錯視錯覚アートで表現されている。営業時間は平日10:00~20:00 / 土日祝10:00~20:30、チケット販売は閉館45分前までで、入場料は大人1300円 / 中学・高校生1000円 / 子ども600円 / 3歳以下無料。 写真撮影OKな参加型のアートリックミュージアムでは、不思議な錯視錯覚の世界を体験することができる。自分自身が絵の中に入り込んでしまうような作品や、体感型の作品、知恵を絞ってクイズに参加する作品など、楽しい展示が充実した空間だ。今回の「ベルばらの部屋」でも、大きなオスカルの手のひらに乗ることができたり、アンドレに“壁ドン”してもらえたり、フェルゼンやジェローデルが見つめ続けてくれたりと、「ベルサイユのばら」の世界に入り込んで一緒に撮影できる作品が勢揃い。コミックにもアニメにも登場しない完全オリジナルシチュエーションの作品が用意されている。 アンドレに“壁ドン”してもらうシチュエーションにも入り込めるアンドレに“壁ドン”してもらうシチュエーションにも入り込める ■期間:
2017年3月18日(土)~9月18日(月・祝)

■開催場所:
横浜大世界 アートリックミュージアム 5F フロア
神奈川県横浜市中区山下町97

■問い合わせ先:
株式会社横浜大世界
tel. 045-681-5588
url. http://www.daska.jp/
■関連記事
白米千枚田のあぜ道をキャンドルで飾る「あぜの万燈」が3年半振りに復活開催 (2017.3.21)
建物に滝をプロジェクションマッピングした新作が常設展示される「チームラボ 徳島県文化の森」 (2017.3.20)
国内外から若手写真家の作品158点が集まった展覧会「2016年度ヤング・ポートフォリオ」 (2017.3.20)
木にアクリル絵具で制作した作品が発表されるmoki氏の個展「暗がりでシェルターを探す」 (2017.3.19)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ