Amebaニュース

すべての例文にうんこが入った小学生向け「うんこかん字ドリル」が話題に 「みんなで少しずつ分担して、うんこを持ち帰ろう」

3/20(月) 19:00

提供:
 「うんこファンにはたまらない本が出版された」――すべての例文に“うんこ”が使われている小学生向けの漢字ドリル「うんこかん(漢)字ドリル」がTwitterなどで話題になっています。すごいものが生み出されてしまった……!

【拡大画像や他の画像】

 文響社から3月18日に発売されたばかりの真面目な漢字ドリルで、小学1年生〜6年生までを用意。公式サイトではそれぞれの例文が一部紹介されていて、1年生で習う“田”の場合には「田うえをしながらうんこをもらすおじいさん」「水田にうんこをなげ入れる」、3年生の“号”では「出席番号順にうんこをてい出する」「『月刊うんこ』の四月号で、ぼくのうんこがしょうかいされている」といった具合。うん、これはひどい(褒め言葉)。

 きっと、小学生に嫌われがちな漢字ドリルを、どうにかやる気にさせるためにと熟考した結果なのでしょう。例文では他にも「みんなで少しずつ分担して、うんこを持ち帰ろう」「こちらが国宝の版画『富士とうんことつる』です」など、低レベルなのかハイレベルなのか分からないものの、小学生のツボを刺激して勉強に向かうやる気を高めてくれそうな内容となっています。

 Twitterでは「こんなん笑う」「例文に無理があるw」と驚きと困惑の声の他、「(子どもの頃に)うんこドリルあったらな」「小学生の時に欲しかった」という声や「小学生男子ホイホイ…!」「これはいいドリル」と効果を期待する声が上がっていて、漢字が苦手な子ども用に「ほしい」「買ってやらなきゃ!」という声も。

 なお価格は各980円(税別)で、すでにAmazonなどでも販売されています。


【関連記事】
「本当に蚕か?」 漢字ドリルに描かれたイラストが別の生物ではないかとTwitterでツッコミ 版元の見解は
誰も真似できねえ! 今世紀最大の謎サイト「うんこの仕方48手」の愛すべきばかばかしさに注目が集まる
「北極でデュエマ」 吉崎観音さんが息子さんのために作った漢字ドリルが一部に特化していて捗りそう
「うんこ」をテーマにしたカフェがオープン 童心に返ってうんこを楽しもう
ねとらぼ

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ