Amebaニュース

建物に滝をプロジェクションマッピングした新作が常設展示される「チームラボ 徳島県文化の森」

3/20(月) 10:45

提供:
「文化の森に憑依する滝 / Universe of Water Particles on Bunkanomori Park」
teamLab, 2017, Interactive Digital Installation,
10000(幅)×10500(高さ)×5000(奥行)mm 2017年3月20日(月・祝)から、徳島県立21世紀館で「チームラボ 徳島県文化の森」が展開される。エントランスに新作の「文化の森に憑依する滝」を常設展示。6月30日(金)までは、期間限定でデジタルアート作品「クリスタル ユニバース」も多目的活動室で展示される。エントランス部分は入場料が不要で、多目的活動室への入場に必要となる料金は大人200円 / 小中高100円 / 幼児無料。「文化の森に憑依する滝」は19:00〜21:00(季節によって変わる可能性もあり)、「クリスタルユニバース」は9:30〜17:00(土日祝は19:00まで)に鑑賞できる。なお、休館日は毎週月曜だが、3月21日(火)は祝日の3月20日(月・祝)の振替休館日にあたり、屋外のプロジェクションマッピングを含む全てのデジタルアート展示は休止となるため注意が必要。 チームラボは、さまざまな分野のスペシャリストから構成されている“ウルトラテクノロジスト集団”だ。アート / サイエンス / テクノロジー / クリエイティビティの境界を越えて、“集団的創造”をコンセプトに活動している。新作の「文化の森に憑依する滝」では、仮想の三次元空間へ文化の森にある建物を立体的に再現し、そこへ水を落下させる動きのシミュレーションで滝を描画。その滝が、実際の建物へとプロジェクションマッピングされた。また、チームラボの従来の数々の作品と同様に、本作もインタラクティブな仕様であることが大きな特徴。作品の上に人が立つと、水の流れを遮る岩のように、その人自身が障害物となって水の流れが変化する。 「クリスタルユニバース / Crystal Universe」 teamLab, 2015, Interactive Installation of Light Sculpture, LED, Endless, Sound: teamLab「クリスタルユニバース / Crystal Universe」
teamLab, 2015, Interactive Installation of Light Sculpture, LED, Endless, Sound: teamLab ■期間:
2017年3月20日(月・祝)~
※「文化の森に憑依する滝」は常設展示 / 「クリスタルユニバース」展示は2017年6月30日(金)まで

■開催場所:
徳島県立21世紀館
徳島県徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園内

■問い合わせ先:
徳島県商工労働観光部企業支援課 / 徳島県立21世紀館 / チームラボ株式会社
tel. 088-621-2147(徳島県商工労働観光部企業支援課)/ 088-668-1111(徳島県立21世紀館)
url. http://www.21ccic.tokushima-ec.ed.jp/
url. https://www.team-lab.net/jp/e/bunkanomori/
■関連記事
国内外から若手写真家の作品158点が集まった展覧会「2016年度ヤング・ポートフォリオ」 (2017.3.20)
木にアクリル絵具で制作した作品が発表されるmoki氏の個展「暗がりでシェルターを探す」 (2017.3.19)
星景撮影の経験と夜景撮影の技術による片山絢氏の星夜景写真展「color color twinkle」 (2017.3.19)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ