Amebaニュース

よく言った!桐谷美玲の正論に独身女性たちから称賛の嵐

3月9日(木) 22:00

「花嫁会」をご存知だろうか。
SNSを通じて知り合った新婚(予定)さんのあいだで、密かなブームになっている女子会だ。結婚式に関する悩みや相談をできる場として注目度が高まっているようだが、その幸せ惚けっぷりに嫌悪感を示す人も多い。
日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」で特集が組まれた際には、キャスターで女優の桐谷美玲さん(27)が浮かれた女性たちを牽制するような場面があった。これに対し、ネット上では共感が相次いでいる。
◆幸せアピールはほどほどに
人生最大のイベント、結婚式は誰でも成功させたいものだろう。さまざまな理由から結婚に遠ざかっている人が多い今日、周囲に相談者がおらず困っている人は多いかもしれない。
「未婚の友達に気を使わずに、堂々を結婚や結婚式の話題がしたい」。結婚式を迎える予定の「プレ花嫁」や、無事に結婚式を終えた「卒花嫁」にとって、花嫁会は思う存分幸せに浸れる場所なのだろう。
参加者たちのあいだでは、結婚式にかかる費用など、リアルなぶっちゃけ話も積極的にされているという。卒花嫁がプレ花嫁に結婚式で使う飾りの作り方を教えたり、「お譲り」することもあるのだとか。まさに「花嫁たちの、花嫁たちによる、花嫁たちのための会」といったところだ。
彼女たちは集まりの際、必ず写真撮影をしSNSにアップするのだという。花嫁準備の記録の一貫だというが、ここでも「未婚の友達への気遣い」が炸裂。彼女たちは「ウザイと思われないように」普段使いしているアカウントとは別に、わざわざ専用アカウントを作っているというから驚きだ。
花嫁会をインタビューをしていた桐谷さんは、「ウザいって思われるかもしれないけど、SNSにはあげたい?」とボソリ。的確すぎる一打に、多くの視聴者が共感。女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」には、9000件以上のコメントが寄せられる盛り上がりをみせた。
「美玲みたいな可愛い子が言ってくれるとスカッとする」
「素直な疑問だね。なぜそんなに注目されたいのだろう」
「プレ花嫁は結婚に夢見すぎてる感じがするし、 卒花嫁は結婚式を引きずり過ぎ」
「みんな自己顕示欲が強いのね」
「よっぽどの美男美女夫婦でもない限りウザいだけだよねぇ」
「不特定多数からのいいねを欲する気持ちが理解できない」
「花嫁会ってすっごいマウンティングしあってそう。疲れたりしないのかな?笑」
共通の悩みや目標を持っている人と出会い、情報交換できる場を作れることはSNS社会のメリットだろう。しかし、意地でも幸せを公開しないと気が済まないような姿勢は、いささか哀れだ。
祝福は求めるものではなく、いただくもの
嘲笑されている花嫁会だが、わずかながら、結婚式を楽しみにしている花嫁たちをフォローする動きもある。
「結婚式って幸せの絶頂期だもんね。 少しくらい浮かれるのは仕方ない」
「ここまで批判が殺到するのも世知辛い」
幸せは噛み締めるだけでも充分ではないか。「いいね」の数で幸せの質が変わるわけでもあるまい。むやみに拡散させたり共有しようとすれば、幸せの押し売りだと引かれてしまっても仕方ない。
結婚はゴールでなく、新たな人生のスタート。「ハイ」になるのは決して悪いことではないが、後に息切れしないよう気をつけていただきたいものだ。
文・蒼井トマト(あおいとまと)
フリーライター。趣味は映画鑑賞、読書、バドミントン。 「憂鬱でなければ仕事じゃない」を座右の銘としているが、文章を書くことは好き。

【オススメ記事】

速水もこみち「MOCO’Sキッチン」オリーブオイルかけすぎの苦情に今さらの声

ノンスタイル井上「あの涙」は嘘?本当?復帰に賛否両論の声!

松嶋尚美、オセロ中島へ再結成の呼びかけ発言にネットで賛否の声

「二階堂ふみ、イケメン映像作家と熱愛」に思わぬ所から歓喜の声!

くわばたりえ「福島米はみんな買ってない、私も」発言に批判の声

東京独女スタイル

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ