Amebaニュース

「身に付くものばかりだった」松森彩夏、予選落ちも日本開幕戦に手応え

2月17日(金) 19:01

提供:
<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇17日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>

米国女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の2日目。昨年日本ツアー初勝利を挙げた新鋭・松森彩夏は5バーディ・3ボギーとスコアを2つ伸ばしたもののトータル1オーバーとカットラインに1打足りず予選落ちを喫した。

オフショット写真も充実!松森彩夏特選フォトギャラリー
昨年の7月以来となる米ツアーは決勝ラウンドに進むことはできなかったが、「アプローチとかは良い部分が出ました」と手ごたえも大きかった。「良いショットもいっぱいありましたけど、もったいないショットもありました。課題がはっきりしたので、日本に持って帰って克服したいと思います」。開幕戦に向けてのあと2週間、やるべきことが改めて明確となった。

「すごくタフなコンディションで試合をやらせていただいて、自分の中で身に付くものばかりでした。レベルもすごく高いので、もっともっと上手くなってまた参戦したいと思います」と得たものは大きい様子だった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連リンク】
詳しい順位はリーダーボードでチェック!
日本勢は3人が決勝Rへ 単独首位にS・ジェーン・スミスが浮上
米参戦後初の予選突破を果たした畑岡奈紗 次なる目標は?
5000円以下の名品を探せ!お金がなくてもギアマニア Item1:PING PAL ブロンズパター
ALBA.Net

スポーツ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

スポーツアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ