Amebaニュース

音もせずにふわっと消え、軽くて素早い!忍者のようなスナック菓子

1月29日(日) 20:01

提供:
忍者がスナックとして、現代に甦る。

【写真を見る】「忍者スナック ふわ丸・バター醤油味」(参考小売価格税別122円)

株式会社東ハトは、コーンスナック「忍者スナック ふわ丸・旨塩味」(参考小売価格税別122円)と「忍者スナック ふわ丸・バター醤油味」(参考小売価格税別122円)を、2月13日(月)から全国で新発売する。

口のなかでふわっと消えてなくなり、忍者の動きのように軽くて素早い口どけが特徴。つのがたった形が忍者道具のようで、食べるときに音がしないところも「忍(しのび)」のイメージにぴったりとなっている。

さらに隠し味として、「1日3粒飲めば心力衰えることなし」と言われ、忍者が飢えをしのいだとされる携帯食「飢渇丸(きかつがん)」の成分も配合した。

「旨塩味」は、ふわっと消える口どけを活かしたシンプルな旨塩味。隠し味として、飢渇丸の成分である「ハトムギ」を配合している。

「バター醤油味」は、まろやかなバターと醤油で焼きあげたコーンをイメージ。香ばしい風味で、隠し味の飢渇丸の成分は「高麗人参」となっている。

パッケージも、忍者「ふわ丸」を浮世絵風にデザインし、裏面には現代社会で忍法を活用するユニークなアイデアを紹介した「ふわ丸の忍法☆NOW!」が記されている。

パクパク食べて気がついたらなくなっているところも、忍びらしさと言えるかも。【ウォーカープラス編集部/コタニ】


【関連記事】
日本初ブラウニー専門店からバレンタインのおすすめブラウニーが限定登場
2日間限定のスイーツ恵方巻!ショコラとバニラの節分ロール
思わずひれ伏すウマ辛さ!進化した「暴君ハバネロ・暴ポテト」
3月に妖怪ウォッチ「ヨロズマート」が名古屋にオープン!史上初の仕掛けも
Walkerplus

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ