Amebaニュース

足が痛くて運動出来ない…この状態でむくみを解消するには

1月29日(日) 18:00

提供:
寝起きに足がつり痛みが治まらないため、散歩やスクワットなど習慣にしていたむくみ対策の運動が出来なくなってしまった、という悩みが寄せられました。この状態でも行えるむくみ対策について、専門家の皆さんはどのようにアドバイスしているでしょうか。
プレママからの相談:「ふくらはぎが痛い時のむくみ解消方法を知りたい」
『臨月に入ってから、寝起きに足のふくらはぎがよくつるようになりました。ある時、いつものようにふくらはぎがつった後から痛みが治らず、歩くのも階段の上り下りも激痛がします。今まではむくみを解消するために散歩やスクワットをしていたのですが、それが出来なくなり、案の定手の指や足のむくみが酷くなってきました。安産のためにも何かしたいのですが、この状態でむくみを解消する方法はありますか。(30代・女性)』

食べ物や足浴、マッサージなどでむくみ解消 運動が難しい場合は、むくみや足がつるのを防ぐ食事を心掛けたり、足浴やマッサージで血行を促進するといいでしょう。また、ふくらはぎを使わない運動も勧められています。

『ふくらはぎがつるのは、いわゆる筋肉の痙攣で多くの妊婦さんが経験しています。原因は色々ありますが、妊婦さんの場合は、下半身の血行が悪くなっていること・ミネラルのバランスが崩れていること・運動不足によるもの・気温の変化が考えられます。寝る前にはふくらはぎのマッサージを行って、足が冷えないようにして休んでください。(産科看護師)』


『適度な運動はむくみ解消に効果的ですが、足が痛い場合は無理をしないで下さい。カルシウムやマグネシウム、乳製品を多く含む食品を摂取してこむら返りを防止したり、カリウムを多く含む食品はナトリウムを排泄させ、むくみ防止に役立ちます。座った状態で股関節の開閉をすると、血流が促されむくみが取れます。また足浴などで血流を促す方法もあります。太ももや骨盤辺りをマッサージするのも良いでしょう。(内科看護師)』

痛みが強い場合は受診も検討を 歩けないような痛みが続く場合は肉離れを起こしている可能性もあるため、医師に相談したほうがいいようです。

『こむら返りを起こした場合は、ゆっくり伸ばしたり、優しくマッサージすることで改善します。しかし、痛みが強い場合は肉離れを起こしている可能性があるため、整形外科を受診したり妊婦検診が近ければ医師に相談して下さい。肉離れを起こしている時に間違った方法でマッサージをすると、症状が悪化することがあります。(内科看護師)』

ふくらはぎが痛い場合は、ふくらはぎを使わない運動を行うほか、食事に注意したり足浴やマッサージで血行を促進することでむくみを防げます。痛みが強く長引く場合は肉離れを起こしていることも考えられるため、受診することが勧められています。

【関連記事】
臨月が近く、全身がむくみます… 
妊娠中の浮腫みはどうしたら取れますか?
手足がパンパンに!妊娠中の辛いむくみ
赤ちゃんは大丈夫?浮腫み解消の運動について
臨月、むくんでパンパン!安静?運動?
イクシル

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ