Amebaニュース

20~24歳の童貞が「10年後も童貞」の確率は6割強!

1月27日(金) 11:00

提供:
未婚率の増加とともに、密かに叫ばれている童貞率の増加。日本性教育協会が2011年に発表した「第7回青少年の性行動全国調査報告」によると、2005年から2011年にかけて、大学生男子、高校生男子、中学生男子のすべてで、「性交経験率」が減少している。

童貞率が上がっているということは、30オトコのなかにも「黙っているけど実は…」という“隠れ童貞”が増えているかもしれない。しかし、このままでは一生…ということもありうるのでは? 統計学者の鳥越規央さんに、童貞男性が生涯童貞であり続ける確率を出してもらった。

「まずは、国立社会保障・人口問題研究所が行っている『出生動向基本調査』(※1)から、男性の童貞率を見てみましょう」(鳥越さん・以下同)

■性経験のない未婚男性の割合
2010年
20~24歳 40.5%
25~29歳 25.1%
30~34歳 26.1%
35~39歳 27.7%

2015年
20~24歳 47.0%
25~29歳 31.7%
30~34歳 25.6%
35~39歳 26.0%

「2010年に『20~24歳』のカテゴリにいた人は、2015年には『25~29歳』のカテゴリに入ります。ここから、20~24歳だった男性が5年後もまだ童貞である確率を出しましょう」

0.317÷0.405=0.783

つまり、78.3%の確率で5年後も童貞であり続けるというわけだ。2020年以降も童貞率の数値が2015年と変動しないと仮定すると、10年後はどうだろうか。

0.256÷0.405=0.632

「20~24歳の童貞男性が10年後、30~34歳になっても童貞のままでいる可能性は63.2%、半分以上もあるというわけです。25歳を超えると、童貞卒業は困難になってしまうのかもしれません」

ただ、この調査では、2010年の25~29歳の童貞率が25.1%なのに、2015年の30~34歳の童貞率は25.6%と増えている。これっておかしくない?

「各年度の調査対象者は異なるため、その誤差によるものでしょう。また、25~29歳はある程度見栄を張って『経験あり』と答えながらも、30歳を超えてからは開き直って『経験なし』と回答している可能性もありえます」

ついでといっては何だが、いわゆる “素人童貞”の可能性も算出してもらった。

「『出生動向基本調査』の結果からすると、20代の56%、30代の75%は性交渉の経験があると推定できます。そのなかで、素人童貞の割合は20代で4.5%、30代で10.4%(※2)だそうです。つまり、20代男性全体の2.5%、30代男性全体の7.8%が素人童貞という計算になりますね」

“お店でだけは経験した”素人童貞率が20代から30代で5.3%も増加しているということは、「童貞を卒業したくて、初体験はお店で…」という人も少なくなさそうだ。もし隠れ童貞男性がいたら、もう少し積極的になってもいいかもしれないぞ。
(有竹亮介/verb)

(R25編集部)

※当記事は2017年01月26日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
20~24歳の童貞が「10年後も童貞」の確率は6割強!のもっと大きな画像や図表をみる

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「relationship」に関する過去のイチオシ記事
30代男性「セカンド童貞率は5人に1人」
男女比較! 初エッチは何回目のデートが理想?
「男のチビは何cm?」女子大生の回答に落胆する男たち
彼女にしたいAV女優1位は?
“射精の専門家”が研究を紹介 「射精は体に良い」


R25の記事をもっと見たい方はコチラ
R25

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ