Amebaニュース

渡り鳥の季節!今年も「マガン」がやってきた

1/15(日) 7:01

[OH!バンデス-宮城テレビ]2017年1月6日の宮城解体新書のコーナーでは、宮城の冬の風物詩である、栗原市の伊豆沼、内沼の渡り鳥について放送されました。

渡り鳥として飛来する「マガン」は、宮城の県鳥でもあります。ロシアから約4000キロの旅を経て、日本に渡ってくるマガンの9割が宮城県に飛来します。

観光客向けに鳥インフル対策も
マガンが飛来する伊豆沼、内沼は、日本で2番目の「ラムサール条約登録湿地」に指定され、「水鳥の生息地として国際的にも重要な湿地」として世界的に認められました。

冬を過ごすために広くて安全な「ねぐら」である、沼やエサのある田んぼが多くあり、ガン達にとって越冬の好条件が整っています。

毎年およそ10万羽が飛来する伊豆沼、内沼の美しい姿を多くの人に見てもらえるように、鳥インフルエンザの対策として、(1)消毒槽の設置、(2)石灰の散布、(3)餌付用エサ提供の中止、が行われています。

宮城県伊豆沼、内沼環境保全財団上席主任研究員の嶋田さんは、「安心してバードウォッチングを楽しんで欲しい」と話していました。(ライター:長沢あきこ)



【関連記事】あなたの「広島県民度」を診断します【全7問】
2つの選択肢から選べ! 正解はどっち?【クイズ】
ふるさと納税で生きた「オオグソクムシ」がもらえる! ペットとして飼育可
ちんちんかもかも、うめがいち... 加賀藩ゆかりの正月遊び
宮島の絶品あなごめし 食通はあえて「弁当」で食らう
Jタウンネット

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ