AmebaNews

相田翔子 たまごっちで年齢詐称疑惑浮上し、あわてて訂正

1月12日(木) 17:50

タレントの相田翔子(46)が、自身のブログで「たまごっち」にまつわる思い出を披露。ちょっとした思い違いから、年齢詐称が疑われる事態となっている。

騒動の発端は、5歳の娘とたまごっちを買いに行ったエピソードを紹介したことだ。相田は2008年に結婚し、2012年に第一子が誕生。その娘からたまごっちをねだられた相田は、誕生日を前倒ししてたまごっちをプレゼントし、

「私も
子供の頃ハマったけれど
また
今も人気みたいですね」

とつづった。するとコメント欄には、

「記事を読んで 『えっ??』って
思ったんですが…

初代たまごっちが
発売された時
ヨッシーは 大人でした」
「まさかのたまごっちは
翔子さんのソロデビューの年と
同じく1996年で20周年!!!」

といった指摘が寄せられた。

指摘の通り、たまごっちの発売は1996年11月で、相田はその時すでに26歳だ。たまごっちは当時爆発的な人気となり、購入するために徹夜で並んだり、定価の数倍で売買されるなど、社会現象に。それから20年が経過し、1月9日には発売元のバンダイが台東区にあるという縁から、羽織袴に身を包んだ「初代たまごっち」が台東区の成人式に参加するというイベントも行われた。

相田は、コメント欄を読んですぐに勘違いに気付いたようだ。

「初代たまごっちは
20年前…なの…?」
「子供の頃
私もハマったな?なんて
遠い目をしながら懐かしんでいたのですが
思いっきり大人だったんだわ!!」

と驚いた様子の相田は、

「めちゃ年齢詐称したみたいな
罪・悪・感…」

と、反省することしきり。ただし、

「餌をあげたり
眠るのを見届けたり
ピコピコいじって熱中していたのは
青春時代真っ只中の頃だったなんてね」

とも述べており、記憶と事実とのズレは、いまひとつ修正できていないようだ。

【関連記事】
「お野菜たっぷり」 (相田翔子オフィシャルブログ)
辻希美 成人式の日の淡い思い出「家で授乳していた」
チャンカワイ 娘が東京大学の研究員になったと報告「誇らしい」
高橋克典 渋谷の駅伝優勝パレードで青学監督と2ショット公開
「トマトとツナ?」半信半疑だった平愛梨が意見を撤回
アメーバニュース/ブログ発

生活新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

生活アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ