Amebaニュース

【スキー場】子連れファミリーの利便性は最高レベル!「軽井沢スノーパーク」徹底レポート

1月2日(月) 8:00

「ミキハウス子育て総研」“ウェルカムファミリーのスキー場” 認定1号となった「軽井沢スノーパーク」。

「乳幼児でも安心して楽しめる!」失敗しないスキー場選びのポイント3つ

雪遊びデビューから、スキー&スノーボードデビューまで、子ども連れファミリー向けに万全の体制が整うスキー場を、徹底レポートします。

子連れウェルカム! 軽井沢スノーパーク

スキー場と言えば、若者や、熟練スキーヤーが集う場所……だったのは、今は昔。

近年、子ども連れファミリー向けに、万全の体制を整えているスキー場が増えています。

2016年12月20日に「ミキハウス子育て総研」“ウェルカムファミリーのスキー場” 認定1号となった「軽井沢スノーパーク」も、その一つ。

“ウェルカムファミリーのスキー場” とは、スノーデビューにおすすめのスキー場を選定する、認定評価です。

ママの意見や専門家の調査・研究をもとに作成した認定50項目に対し、ミキハウス子育て総研専属の認定士が認定作業を実施します。全50項目のうち40項目以上の評価を得ることで「ウェルカムファミリーのスキー場」として認定いたします。「ミキハウス子育て総研」“ウェルカムファミリーのスキー場”

ギュッと集約! 子連れファミリーの利便性は最高レベル

「軽井沢スノーパーク」は、大型のスキー場ではありません。

が、その分、子連れに嬉しい便利施設や、アクティビティが、ギュッと集約されていて、利便性は最高レベル。

駐車場の目の前が、センターハウスや、スタートハウス、レンタルコーナー。

さらに、すぐにゲレンデです。

スキー&スノボなしでも遊べる、ちびっこゲレンデ

ゲレンデに向かって、右手には、スノーエスカレーターが設置された、ちびっこゲレンデがあります。

3歳以下は無料、4歳〜小学生はリフト券(1日券2,500円)があれば、追加料金なしで利用できます。

ちびっこゲレンデは、ソリ専用コースなので、スキーヤーやスノーボーダーと接触する危険が一切なく、安全面でも安心できる配置です。

日本最大級スノーチュービングや、練習用スノーエスカレーター

ゲレンデに向かって、右手には、日本最大級のスノーチュービングコース。

さらに、スキーやスノーボードを履いたまま利用できる、スノーエスカレーターが設置されています。

ゲレンデで滑るのはまだ早いかな? という段階の子どもでも、気軽に、スキーや、スノーボードの練習が、できてしまいます。

スノーエスカレーターも、リフト券で利用できます。

上達したら、リフトでゲレンデへ。

疲れてしまって、ゲレンデの斜面は厳しいな、と感じたら、スノーエスカレーターへ。

こうしたスイッチも、追加料金なしでスムーズに行えます。

託児、キッズスペース、レストランなど室内設備も充実

ゲレンデだけでなく、室内スペースにも注目。

予約制有料託児施設「KARU★KIDS〜」や、無料キッズルームがあり、スキー&スノーボードをしない子や、雪遊びに疲れてしまった子も、遊べます。

「レストラン ネージュ」には、ちびっ子オムハヤシや、ちびっ子カレーライス、ポテトフライ、からあげなど、子ども大好きメニューが充実。

隣には快適な「プレシデントリゾートホテル軽井沢」も

スキー場の隣のエリアには、「プレシデントリゾートホテル軽井沢」があります。

車なら1分、徒歩でも3分程度と、すぐに移動できるので、子どもが疲れて、機嫌が悪くなってしまっても、安心です。

客室のおすすめは、和洋室。

ベッドのほか、畳のスペースがあり、子連れでもくつろぎやすい設計です。

浅間山がドンと迫る、温泉大浴場や、室内温水プールなどもあり、楽しみながらの、快適な滞在ができます。

他スキー場の半額に近い!? リフト券がとにかく安い

「軽井沢スノーパーク」で、子連れファミリーでのスノーレジャーを考えるうえで、特筆すべきは、リフト券のリーズナブルな価格です。

基本は、1日券で、大人(中学生~54歳)3,500円、子供(4歳~小学生)2,500円。

これだけでも格安と言える部類ですが、ファミリーパック券を利用すれば、大人2名 + 子供2名で、さらに総額1,800円も安くなります。

先ほど紹介しましたが、「リフト」「スノーチュービング」「スノーエスカレーター」「ちびっこゲレンデ」全てが利用できます。

こうなるともう、他のスキー場の半額近い予算で、1日遊び回れる計算です。

もちろん、「スノーチュービング」「ちびっこゲレンデ」のみの雪遊び券(4歳~小学生・1日券1,500円)や、オールレンタル(スキーまたはスノーボード、ブーツ、ウェア、グローブ、ニット帽、ゴーグル)と、リフト4時間券がセットで安くなる、手ぶらパックもあります。

元五輪選手・キッズボーダー育成の第一人者が校長「スクールオブスノーボード」

軽井沢スノーパークには、幼児や小学生、ファミリー向けに力を入れている、スキースクール2校、スノーボードスクール1校があります。

子どものスキーデビュー、スノーボードデビューを考えている方にも、注目です。

「スクールオブスノーボード」は、元オリンピック選手で、キッズボーダー育成の第一人者である、橋本通代さんが校長を務める、人気のスクールです。

実は、取材時、プライベートとあわせて約1週間ほど、スキーとスノーボードをしっぱなしだったのですが、うちの子どもたちに、いちばん良かったのは? と尋ねたところ、

「優しい、みっちゃん先生!」

と即答していました。

あっという間にスノーボードが楽しくなる

実際、スクールは、「スノーボードを安全に、簡単に、楽しく」を一番の目標にしているのだそう。

特に、デビューしたばかりの頃は、スノーボードの楽しさを、すぐに体感できなければ、子どもたちの「やりたい!」が引き出されません。

一番最初に “楽しい” スイッチが入るのは、まるですべり台を立って滑る感覚の、まっすぐ滑り。

止まり方を知らなくても、自然と止まる形状のスロープを使用して、レッスン開始10分で「スノーボードって楽しい!」を体験します。

また、経験に裏打ちされた、数々の工夫や、練習用アイテム&教材にも、注目。

たとえば、スノーボーダーにとって、最初の障壁となるのは、リフト下車。

「リフト練習機」を使って、事前に、安全に練習できるので、ゲレンデに出るのも早い特徴があります。

通常のスクールに比べ、ターン完成までが早いレッスン構成なのだそう。

一人一人の “小さいできた” をたくさん持って帰ろう

みっちゃん先生こと、橋本通代さんは、

「スクールオブスノーボードで、たくさんの “できた!” を、持ち帰っていただきたいです」

と話していました。

「スノーボードでは、両足を固定されるので、不便を感じがちです。そのため、いつでも脱げる&いつでも履けるようにするため、まずは着脱方法を、先に一緒に練習します。

また、お助け道具を活用し、できるだけ早くリフトに乗ってもらえるよう工夫しています。

ただ、一人ひとり、ペースも、目標も違うため、それぞれの “小さいできた” を、たくさん持って帰っていただけるよう、心掛けています」

長く付き合っていくスクールとしてもおすすめ

実際に受講した、うちの子どもたちは、みるみるうちに、新しいことができるようになり、目を輝かせながら、練習していました。

スノーボードデビューに、文句なしにおすすめできる、スクールです。

また、強化まで取り組んでいるそうで、ターンができるようになったあとも、初心者から上級者、子供から大人まで、継続的に上達できます。

軽井沢なら通いやすい方、軽井沢を拠点にできる方など、ずっとずっと、長く付き合っていくスクールとしても、良い選択肢と感じました。

■スクールオブスノーボード

グループレッスン(キンダー未就学児・年中5歳以上)90分 6,000円
グループレッスン(キッズ小学生)90分 5,500円
プライベートレッスン(2名まで)90分 20,000円

レベル不問、初心者大歓迎。ほか、詳細はホームページ参照

キッズ、ファミリー向けに力を入れる、2つのスキースクール

軽井沢スノーパークには、もちろん、スキースクールもあります。

2校どちらも、キッズ向けのスクールを、ウリの一つにしています。

いぶし銀の安心感! 軽井沢スキースクール

いぶし銀のキッズ専任コーチの安心感が光るのが、軽井沢スキースクールです。

子供たちの目線で、話す、見る、伝える、楽しむ、そして安全を指導基本としているとあって、準備体操のときから、気さくに、フレンドリーに、会話をしながら進めます。

スキーデビューはもちろんのこと、はじめての環境に飛び込むのは、子どもたちにとって、大きなチャレンジ。

緊張をほぐしながら、レッスンしてくれるというわけです。

また、うまく滑れない原因を、瞬時に把握して、「こうしてごらん」と解決策を提示してくれるのは、さすが。

こういうときはこう、こういうときはこう、と引き出しが豊富なのを感じさせました。

スクールは、子どもたちの体力、技術、心理面を考慮して、クラス別指導。

年少~年長までは、1指導者に対して4名、小学生は、1指導者に対して8名~10名(レベルによりアシスト付き)。

特に、デビューしたばかりのときは、不安を除きつつ滑ることが最優先。

次に、スノーエスカレーターを利用して、滑る感覚を知り、徐々に、スキー操作、コントロールを身につける、とステップアップしていきます。

■軽井沢スキースクール

KID初級(幼稚園年少~年長)1単位(60分)3,200円
ジュニア(小学生~中学生)1単位(90分) 3,400円

ほか、詳細はホームページ参照

プロの目と、若い先生のコンビネーション! 横尾スキースクール

子ども目線を大切にし、プロの目が光るベテラン先生と、優しく若い先生のコンビネーションが抜群なのが、横尾スキースクールです。

準備体操から、子どもたちに接してくれたのは、女性の櫻井コーチ。元気に体操して、子どもたちの緊張をほぐします。

また、校長の横尾志さんは、子どものスキーデビューから、レーシング指導まで手がける、プロ中のプロ。

指導が的確なだけでなく、子どもがうまくできたときに、本当に嬉しそうに一緒に喜んでくれる、素敵なコーチです。

プロの目が光る! じっくり考え抜かれた練習構成

横尾志校長は、

「たとえば、徒競走では、手と足を動かさないと、前に進みませんよね。スキーも一緒で、手と足を動かさないと、上手に滑れないんです」

と話します。

そこで、先生は、見本の滑りをオーバーにする事で、子どもたちに、分かり易く伝える工夫をしているそうです。

レッスンのポイントは、第1に、プルークボーゲン(ハの字)で、しっかり、確実に、止まれること。

スノーエスカレーターを利用して効率よく、練習を繰り返し、基本をじっくりと習得します。

もちろん、たくさん褒めながら進めてくれるので、子どもたちも「できた!」が積み重なって、やる気が漲ります。

第2のポイントは、プルークボーゲン(ハの字)でのターン。

サッカー用のコーンなど、目標物を置いて、子どもたちに、曲がる楽しさを感じてもらいながらの練習です。

最終的には、リフトに乗る楽しさ、山頂から滑ってくる達成感に、段階的に導いてくれます。

レッスン終了後には、キッズカルテが配布されます。

うちの子どもたちもそうですが、「ここまでできた!」がわかると、子どもたちは、達成感が味わえて、すごく喜ぶんですよね。

もちろん、次の目標を、明確にできる効果もあります。分かりやすく説明してくれますよ。

■横尾スキースクール

受付/プレジデントリゾートホテル軽井沢内

KIDSレッスン(幼稚園年中位から、5歳~12歳対象)

半日(1.5時間)4,500円
全日(3時間)6,500円

ほか、プライベートレッスンもあり。詳細はホームページ参照

■軽井沢スノーパーク

《所在地》
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-16

《アクセス》

電車:北陸新幹線「軽井沢」駅から、宿泊者・スキー場利用者専用 送迎バス(要予約)ほか

車:上信越自動車道「碓氷軽井沢打」ICから、約30km・45分


【関連記事】
「乳幼児でも安心して楽しめる!」失敗しないスキー場選びのポイント3つ
乳幼児のスノーレジャーに必須! 9つの装備と選び方ガイド
【コミュニケーション】仲間や親子で楽しむ気軽なランイベントの魅力とは
【ゲレンデ】子どもの上達が早いと評判!「タングラム斑尾 スキー&ボードスクール(SAJ)」徹底レポ
子どものスキー&スノボデビューに「スノータウンイエティ」がおすすめな5つの理由!
ウレぴあ総研

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ