Amebaニュース

伊達政宗の影響も? 地元で愛され続けてきた「仙台駄菓子」

11/26(土) 7:05

[OH!バンデス-宮城テレビ]11月18日の宮城解体新書のコーナーでは、仙台の名産品である「仙台駄菓子」のルーツについて放送されました。

江戸や明治時代から駄菓子作りが行われていましたが、当時は普通に「駄菓子」と呼ばれており、名物とまでは言われていませんでした。

昭和30年頃から「仙台駄菓子」と呼ばれるようになりました。伝統駄菓子の衰退期に仙台駄菓子の種類の豊富さや味わいの深さが評価されたという理由があるそうです。


みそぱん、きなこねじり、太白飴、マコロン、あんこ玉など20~30種類ありますが、昔は50~60種類と沢山の種類の駄菓子がありました。種類が豊富だったのは、派手好きだった伊達政宗が影響していると言われています。

庶民の間で育った駄菓子は、見た目どおりの単純な名前のものが多いのが特徴です。例えば「あんこ玉」はうさぎが冬ごもりをして丸まっている形に見えることから「うさぎ玉」とも呼ばれています。

懐かしさあふれる仙台駄菓子はこの先もずっと仙台のなつかしい味として伝わっていって欲しいと思います。(ライター:長沢あきこ)



【関連記事】オチは?オチはどうなるの!? 続きが気になって仕方がない千葉大の過去問
知らないと恥をかく! 「お寿司」のマナーいくつ知ってる?【クイズ・全5問】
東京11月初雪で、ひと足早く「北から目線」の季節が始まる
映画「この世界の片隅に」へ当時を知る高齢者「70年前に引き戻してもろた」
○○町イ、○○町ロ...なぜ石川県の住所には「イロハ」の小字が多い?
Jタウンネット

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ