AmebaNews

田中直樹「瞬時に記憶する能力が欲しい」超能力師役に初挑戦

11月3日(木) 6:00

ココリコの田中直樹が、2017年1月5日(木)スタートの連続ドラマ『増山超能力師事務所』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の主演に決定。人の心を読んだり、音を発せずに自分の心を伝えたりするなど、多くの能力を持つ超能力師・増山圭太郎を演じることがわかった。

本ドラマは、「ストロベリーナイト」「武士道シックスティーン」で知られる人気作家、誉田哲也の同名小説が原作。超能力を持ったメンバーたちが、依頼人の悩みを解決するため探偵業に奔走する姿を描く。

田中が演じる、増山超能力師事務所の所長・増山圭太郎は、「面倒臭い」が口癖なのに女にめっぽうモテる男で、日本超能力師協会の認定試験に合格した高い能力を持つ一級超能力師。超能力者が変人扱いされていた時代も知っていて、“超能力者たちに働く場所を与えたい”という思いから事務所を営んでいる。超能力師たちは決して完璧なスーパーマンではなく、不器用で悩みもある点は普通の人たちと同じ。そんな人間臭くて魅力的なキャラクターの所員たちは、悪戦苦闘しながらも一生懸命に依頼人が抱える問題と向き合っていく。

初めて超能力師を演じる田中は「超能力とはずっと無縁だったので、超能力を持っている人物を演じられるというだけで、もう非常にワクワクしています。様々な能力を持った仲間と、どのように問題を解決していくのかとても楽しみにしています」とコメント。また、自身が超能力を使えるとしたらどんな能力が欲しいかを聞かれると、「一度見た場面を瞬時に記憶する能力です。写真で切り取るような。きっと問題解決に役立つと思うので。あと、最近物忘れがひどいので」と回答し、「ニコール・キッドマンがいつも出てきません」と笑いを誘った。そして、「超能力を駆使し、最終的に問題を解決し、見ている方にスカっとして貰えるようなドラマになればいいなと思っています」と、視聴者にメッセージを送った。

田中のほか、事務所員のキャストも明らかに。エロいことを考えては怒られる二級超能力師の高原篤志役を浅香航大、才色兼備で気が強い元女番長・住吉悦子役を中村ゆり、見た目は不細工でお腹も弱い中井健役を柄本時生、超能力より年の功という事務員・大谷津朋江役を平田敦子が演じることがわかった。

関連リンク
番組公式サイト
テレビドガッチ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ