Amebaニュース

暗闇に浮かび上がる幻想的な宝塔!大覚寺の夜間特別拝観

10月28日(金) 16:04

提供:
いけばな発祥の地、そして般若心経の根本道場としても知られる大覚寺。前身である離宮嵯峨院から貞観18(876)年に、現在の大覚寺となった。廊下、広縁がすべてうぐいす張りの宸殿、江戸時代中期に創建された本堂・五大堂、正面と背面に軒唐破風を付けた勅使門など、貴重な建造物を多数見ることができる。日本最古の人工池、大沢の池では、時代劇のロケなども行われる。

■ <秋の特別拝観>幻想的な景観を堪能できる夜のライトアップ

2016年11月11日(金)~12月4日(日)に、夜間特別拝観「真紅の水鏡」を開催。夜間特別拝観は、本堂と大沢池周辺をやわらかな光で照らし出され、色づいた紅葉や暗闇に浮かび上がる宝塔などは必見。重要文化財の五大明王像や愛染明王坐像などが見られる、特別名宝展も12月5日(月)まで行われる。【関西ウォーカー編集部/loose】


【関連記事】
京都限定品も!三条にジャン=ポール・エヴァン初の路面旗艦店
旨味に感動!辻利の旗艦店でしか飲めない宇治茶セット
この秋、京都で食べたい“おばんざいランチ”4選!
6時間で巡れる!京都・嵐山の紅葉おすすめ散歩コース
Walkerplus

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ