Amebaニュース

ユニクロのパンツ(下着)のはき心地が「ほぼノーパン」

10月26日(水) 9:04

提供:


 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第97回目をよろしくお願いします。

 私はユニクロの服についてこれまでたくさん書いてきましたが、ユニクロと契約関係や金銭の授受などは一切ありません。ステマなどをすることもなく、ユニクロの製品でよいと思ったものは褒めて、悪いと思ったものはバッサリ遠慮なく斬って捨てます。毎度「ユニクロの買うべきベスト5」と「ユニクロの買っちゃいけないワースト5」のどちらも執筆しているあたりからもご理解いただけるかと思います。お金もモノももらわず消費者と同じ目線で自分のお金で買って、いいか悪いかを判断し、その結果を情報として提供する。これが当たり前のことだからです。

 ただユニクロの方とは縁あってごくたまに情報交換で飲みに行ったりはします。そこで伺うのは「どうしてあの商品はこういうつくりなのか?」といった細かい話になることが多いので大変勉強になるのですが、先日は少し毛色の違う話となり、こんなことを言われました……。

「MBさん、ウチのアンダーウェアはいたことないでしょ?」

 実は私は一つこだわりがあって「下着だけはユニクロをはかない」というポリシーがあるのです。

▼ユニクロのパンツははかない主義

 「イザ」というときに、脱いだ姿を女性に見られて「あ、コイツのパンツUNIQLOかよ」と思われるのが嫌なんです。カルバンクラインが出てくるなら「この人パンツまで気をつかってるのね」と思われるかもしれませんが、ファストファッションのアンダーウェアだと「細かいところまで気配りできない人」という印象になるのがイヤなのです。

 考えすぎと言われればそれまでですが、「絶対失敗したくない“イザ”というとき」はいつ起こるかわかりません。微塵の隙も与えないのが男だと思っているので、「避妊具がない」「パンツがダサくない」「体毛が見苦しくない」などといったケアは「イザ」を盛り上げるための男の嗜みだと考えているのです。

 だからこそ「パンツだけはある程度の品を身につけよう」というポリシーがあるのです。

 しかし、「ユニクロのアンダーウェアは世界が変わるくらいはき心地がいい。見た目も無地のローライズなら問題ない。絶対にはいたほうがいい。もう一度言う“世界が変わる”くらいはき心地がいい」と飲みの席で強く言われて、しぶしぶ買って試してみたのです。

 私は上述のポリシーがあるだけにありとあらゆる高級パンツを履いています。一着1万円を超えるものもあります。そんな私を籠絡しようだなんて、たかだかユニクロのパンツで……。

▼ほぼ「ノーパン」に近い!!

●エアリズムボクサーブリーフ(ローライズ) 990円(+税)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1223236

 というわけで購入したものがこちら。ユニクロお得意のエアリズム素材のボクサーブリーフ。結論から言うと……ヤバい。

 何がやばいってはいている感覚がほぼありません。軽すぎて薄すぎてまったくはいている感触がない。アンダーウェアは「蒸れ」が気になるものですが「蒸れ」とかって次元じゃないノーパンレベル(笑)。

 これがまた面白いことに、初めてはいたときは「あ、ふーん。確かにいいね」と思うくらいだったのですが、いったんほかのパンツをはいて、またもう一度このエアリズムパンツをはくと違いが明確にわかってビビります。「え!? こんなに軽いものだったっけ?」と。

 この軽量感とはいてない感覚は確かにクセになります。ユニクロエアリズム恐るべし。一応経年劣化を見るために3週間ほど履いてみたのですが(洗わずに3週間って意味じゃなくて、ちゃんと洗ってローテーションしながら履いたってことです!)、今のところ生地が伸びてたるむこともなく、ピリング(毛玉)もこういった化学繊維のわりには出ません(はき口にあるゴム部分には少し出てきました)。

 パンツって意外と難しくて。肌にモロに接する部分で、かつ毎日洗うものなので生地の痛みが激しい。「かっこいいなー」と思って買ったパンツでも2週間経てばボロっと毛玉が出来たり伸びたり褪せたりと見た目の清潔感が失われてしまうものも多い。

 このパンツは軽量なところもいいのですが、経年劣化が少ないというのもポイント。ぶっちゃけ海外ブランドの3000円程度のパンツと比べても上回るくらいの品質。このはき心地と耐久性のよさは二重丸です。

 しかも公式サイトで確認すると「抗菌防臭」「ドライ機能」「接触冷感(着用した際にひんやりとした涼しい着心地になること)」などの機能も備えています。今まで「ユニクロのパンツなんて!!」と嘲笑っていたことを正直反省しています。

▼「タグ」と「柄展開」をなんとかしてくれれば……!!

 しかし。もちろん悪いところもあります。まず「ユニクロマーク」などデザインに盛り込まなかったことは評価できます。「イザ」というときにパンツの裾あたりに「UNIQLO」なんて書かれていたらそれこそ台無しですから。

 実はユニクロ側もそういったことも配慮してか「内側にあるユニクロタグ」も一応切れるようにしてあります。切っちゃえば脱いだときにもユニクロとわかることはありません。ただこれがハサミがないと切れない上に切るとタグが部分的に残ってチクチク痛い。

 ここまでやるなら取りやすいステッチングにして、パッと簡単に切れるようにしてほしいもの。縫い付けの糸をもう少し工夫していただきたい。

 それともう一つ「柄モノ」のラインナップや色展開が絶妙にダサい。今回私は黒無地を選びました。黒無地はもちろん文句ないのですが、黒無地ばかりじゃなくてここまではき心地がよければ他の柄や色もそろえたいもの。しかし、どうにも魅力のある柄や色モノが見当たらないのです。

 とくに一番見た目が格好いい「ローライズ」モデルの色・柄展開が少なく、すぐに飽きてしまう。「UT」じゃなくてこういった100人が100人必ず着用するパンツこそ、コラボプリントなどをもっともっと活発に展開してバリエーションを出してほしいものです。

 というわけでユニクロのアンダーウェア。上記の「タグ問題」さえクリアすれば「イザ」というときにユニクロとバレることもなく、コスパもよく、はき心地も素晴らしい。個人的なポリシーから今まで避けてきましたがフラットな目線で見て確かにコレはいいものです。ポリシーを訂正して、オススメします。体感してみてください。まじで「ノーパン」です。〈MB〉

【MB】

ファッションバイヤー、ブロガー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす(@MBKnowerMag)。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』が発売中



【関連記事】
買ってはいけない「ユニクロU」ワースト3を発表!【発売前レビュー】
「自分のパンツの色、答えられますか?」メンズ100人に抜き打ち調査
「ユニクロのレディースパンツ」は男性こそ買うべきオシャレアイテム
「ユニクロU」で15万円以上買って、着て、検証した結果を発表!【日本で一番ユニクロUを買った男の本気レビュー】
女子ウケも狙える万能ファッションアイテム「ストール」はZARAが最強
日刊SPA!

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ