Amebaニュース

【レビュー】イワタニ「やきまる」はなぜ売れに売れているのか? 「煙の出ない焼肉グリル」の真偽を検証!!

9月14日(水) 11:34

提供:
「焼肉を自宅で楽しみたい!」という人は多いと思いますが、問題となるのは「煙」です。焼肉の煙は、肉の脂が燃えることで発生するため、湯気と違って刺激的。煙が出たまま10分も放置すれば、部屋中に煙が充満して目やのどがヒリヒリ痛くなります。しかも、部屋にニオイがつき、数日は「焼肉臭」とともに生きることに……。多くの焼肉店が、テーブルごとに換気扇を設置することからもわかるように、この煙は家庭のエアコンや空気清浄機を使ったくらいでは解消できません。

 

なぜ人気なのか? 実際に使って試してみた! そんななか、カセットコンロで有名なイワタニ(岩谷産業)が、煙を出さない「カセットガス・スモークレス焼肉グリル 『やきまる』 CB-SLG-1」(実売価格6990円・以下、やきまる)を発表。8月1日、本サイトでその第一報となる記事をアップしたところ、記事についた「いいね!」が何と2万2000に到達。少なくとも、2万2000人の読者が本機に興味を持ったというわけです。実際、同社の広報によると本機の販売は好調らしく、現在は営業担当が使うサンプルすら用意できない状況とのこと。そこで今回は、なぜ「やきまる」がそこまで人気を集めているのか、実際に使って調べてみることにしました!

↑ガスコンロに鉄板がのっかった形の「カセットガス・スモークレス焼肉グリル 『やきまる』 CB-SLG-1」。サイズはW303×H149×D278mm、重量は約2kgとコンパクトで持ち運びもしやすい重量↑ガスコンロに鉄板がのっかった形の「カセットガス・スモークレス焼肉グリル 『やきまる』 CB-SLG-1」。サイズはW303×H149×D278mm、重量は約2kgとコンパクトで持ち運びもしやすい重量

 

「温度」と「脂の通り道」の工夫で煙を防ぐ やきまるで煙が出ない秘密は「温度」と「脂の通り道」にあります。一つめの「温度」の秘密は、肉の脂が煙を出さず、かつ肉がおいしく焼けるという210℃~250℃にプレートの温度をキープすること。

 

そして、「脂の通り道」では、その名の通り、肉から流れ出た脂をプレートに溜めない仕組み。焼肉プレートは中央がわずかに盛り上がった形状で、プレート上の脂がスムースに流れるよう放射線状の溝が掘られています。さらに、プレート外周部にはスリットがあり、流れた脂が自然に下に落ちるため、肉の脂が炎に当たることがなく、煙も立たないというわけです。ちなみに、スリットの下には脂を受ける「水皿」があるので、落ちた脂がこれ以上加熱されることはありません。

↑やきまるは本体(写真左)と脂を受ける「水皿」(写真中央)、そして肉をのせる「プレート」(写真右)の3つのパーツで構成されています。手前の棒は網を持つためのハンドル↑やきまるは本体(写真左)と脂を受ける「水皿」(写真中央)、そして肉をのせる「プレート」(写真右)の3つのパーツで構成されています。手前の棒はプレートを持つためのハンドル

 

↑プレート表面には脂が流れる溝と、脂を下に落とすスリットがあります。プレート表面はフッ素加工されており、水でサッと汚れを落とし可能。プレートが熱い場合は付属するハンドルをひっかけて移動が可能です↑プレート表面には脂が流れる溝と、脂を下に落とすスリットがあります。プレート表面はフッ素加工されており、水でサッと汚れを落とすことが可能。プレートが熱い場合は、付属するハンドルをひっかけて移動すればOK

 

↑カセットの装着方法はマグネット式。磁石でポンとセットできるので、装着が簡単。しかも、万が一カセット温度が上昇して内部の圧力が上がった場合は、自動的にボンベが外れる安全設計になっています↑カセットの装着方法はマグネット式。磁石でポンとセットできるので、装着が簡単。しかも、万が一カセット温度が上昇して内部の圧力が上がった場合は、自動的にボンベが外れる安全設計になっています

 

燃焼時間が長くプレートの端までアッツアツ! さて、ここからは実際にやきまるを使ってみましょう。基本的に使い方は普通のカセットガスコンロと同じ。違うのは、前述した「水皿」に水を入れておくことくらいです。ちなみに、250℃以上にしないためか、火の勢いは一般的なコンロよりも若干弱めに感じます。そのせいか、カセットガス一本で可能な連続燃焼時間は、なんと約3時間37分! 一般的なカセットガスコンロの連続燃焼時間は約60~100分程度なのに比べ、カセットガス1本でかなり長い時間楽しめるのがわかります。

 

ただし、焼肉店の鉄板と比較すると、プレートの温度は下がりやすく感じます。次々と肉を置いていくとプレート温度が下がり、最初に肉を置いたときのような「ジュワーッ」という音がしなくなってしまいました。この問題は、次の肉を置くのに30秒ほどインターバルを置いたり、野菜を移動させて肉を置いたりといった方法で、常に熱いエリアを確保することで解決できました。

↑プレートを外し、水皿に水を入れて使用します。ちなみに、水皿には火が直接あたらないので水の蒸発量はそこまで多くありません。我が家では1時間半使用しても水の継ぎ足しは必要ありませんでした↑プレートを外し、水皿に水を入れて使用。水皿には直接火があたらないので、水の蒸発量はそこまで多くありません。我が家では1時間半使用しても、水の継ぎ足しは必要ありませんでした

 

↑本体上部は密閉されていますが、横の窓から火加減はチェック可能です。ガスがなくなって火が消えてもすぐにわかります↑本体上部は密閉されていますが、横の窓から火加減はチェック可能です。ガスがなくなって火が消えてもすぐにわかります

 

肝心の煙のほうはどうだった? 次に気になるのが「肉の焼き具合」でしょう。特にやきまるはバーナー部が小さめなので、個人的には「プレート端の肉がきちんと焼けるか?」が気になりました。が、いざ肉を焼いてみると端に肉を置いてもジューッと良い音!  プレートのどの位置で焼いてもおいしい焼肉が楽しめました。やきまるはガスコンロとしては背が高いため、バーナーの火とプレートの間に「熱がこもる」空間があります。この空間があるため、バーナーの火であぶられていない場所もしっかり加熱されているようです。

 

そして、肝心の煙は……本当に出ません! 出るといえば、たまに湯気が出る程度。あまりにも煙が出ないので、自分がいま焼肉をしているのかが疑わしいくらいです。ちなみに、野菜が食べごろになるとうっすらと蒸気が立つのですが、煙がまったく出ないため、その蒸気もよく見えました。

↑肉を焼いている様子。明らかに煙が出ていないのがわかります。また、プレート端の肉もきちんと焼き目がきっちりつきますよ↑肉を焼いている様子。明らかに煙が出ていないのがわかります。また、プレート端の肉もきちんと焼き目がきっちりつきますよ

 

↑野菜は中心まで火が通ると、うっすらと蒸気がでるので「食べごろ」と判断しやすい。こういったチェックが可能なのも、肉から煙が出ないからこそ↑野菜は中心まで火が通ったとき、うっすらと蒸気が出ます。そのチェックができるのも、肉から煙が出ないからこそ

 

↑焼肉を楽しんだ後の水皿には、肉の油などがたくさん浮いています。この分だけカロリーオフができたかも?↑焼肉を楽しんだ後の水皿には、肉の油などがたくさん浮いています。この分だけカロリーオフができたかも?

 

ステーキ肉は感動レベル! ぜひお試しを! 今回は焼肉用モモ肉やタンなど複数の肉を楽しみましたが、個人的に一番おいしいと感じたのがステーキ!  適度に脂を落としてくれるやきまるなら、ステーキもおいしく焼けるのでは? と考え、今回は厚さ2cmほどのステーキ肉も焼いてみました。結果、これがビックリするくらいおいしい!  噛むと表面はカリカリで香ばしく、中は適度にレアでジューシー。感動レベルのおいしさでした!

20160914-s2 (12)

↑今回の調理で一番おいしく感じた「ステーキ」。外はカリカリなのに、中はしっとりとジューシーに調理できた↑今回の調理で一番おいしく感じた「ステーキ」。外はカリカリなのに、中はしっとりとジューシーに調理できました!

 

魚介類も焼けてひとり晩酌にも大活躍の予感! ちなみに、やきまるのプレートの大きさは約23.3cm。個人的には1~2人用でピッタリのサイズで、4人家族では少々物足りないだろうと感じます。ただし、小さいからこそパッと取り出して、一人で使う楽しさもあります。たとえば、メーカーは推奨していないようですが、魚介類を焼けば酒の肴にピッタリ!  眼の前でジュウジュウと音を立てて焼ける魚や野菜を前に、お酒を楽しむのは贅沢の一言です。たとえば我が家では、「煙が発生しやすい食材代表」であるサンマを焼いてみましたが、サンマも煙を出すことなくカリッカリに焼けました! しかも、前準備はコンロにカセットを挿し込み、水皿に水を入れるだけと、手間がかからないのもうれしいですね。

20160914-s2 (14)↑肉だけを焼くのはもったいない! 我が家では魚介類を焼くのにも大活躍しました。お酒を飲みながら、肴が焼けるのを待っているのはなかなか幸せな時間。プレートサイズが直径23.3cmと一人で楽しむのにも大きすぎないのも良いですね

 

どこでも使えるから庭で焼肉パーティも可能! 焼肉店で肉を食べるのも楽しいですが、家大好きな筆者としては家でゆっくりと肉を楽しみたいところ。お酒を飲みながら焼肉をし、眠くなったら即ベッドに行くという幸せは、焼肉店では絶対味わえません。しかも、同じランクの肉を食べるなら、自宅焼肉のほうが圧倒的にコストが安い! やきまるがあれば、今まで月一回だった「焼肉の日」も、同じコストで倍に増やせますよ。

 

そして、電源が不要なので、場所を選ばずに使えるのも魅力のひとつ。天気の良い日なら、庭で焼肉パーティーというのも楽しそうです。BBQと違って面倒な火おこしも必要ないので、思い立ったらすぐ楽しめるのもうれしいですね。なにより驚くのは、これだけの楽しさがありながら、実売価格が約7000円とリーズナブル。肉好きはもちろん、家飲みを充実させたい層に強く訴求するのは間違いありません。本機が売れに売れているという理由も納得ですね。

20160914-s2 (1)

GETNAVI

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ