Amebaニュース

内田理央、腐女子ヒロイン役で新境地!変顔&彼Tの体当たりシーンが話題

8月24日(水) 5:00

生瀬勝久が主演を務めるドラマ24『侠飯~おとこめし~』が、テレビ東京他にて毎週金曜24時12分から放送中。作家・福澤徹三の同名小説を映像化した本作は、ヤクザの組長・柳刃竜一(生瀬)が、あることから大学生の家に住みつき、なぜか絶品の料理をふるまう様子を描く“任侠×グルメ”という異色ドラマだ。

“料理上手なヤクザの組長”という主人公もインパクト大だが、それ以外の登場人物も、一筋縄ではいかない個性的なキャラクターばかり。ヤクザの抗争に巻き込まれ、柳刃組長を自宅アパートに匿うことになった、とても不運な大学生・良太役を柄本時生。良太の同級生役を内田理央、戸塚純貴らが務める。良太の自宅近くにある交番の、クセのある警官コンビ役をTKO。そして、柳刃組長の右腕役を三浦誠己が演じている。

今回、その中の“紅一点”であり、ルックスは良いがボーイズラブ(BL)好きな美人・結城春菜役の内田理央さんにインタビュー。春菜を演じてみての感想や、8月26日に放送される第6話の見どころ「お色気シーン」について、そして“料理”をテーマにしている本作にちなんで、得意料理や肌ケア・プロポーションを保つための食のこだわりなどを語っていただいた。

――すでに放送がスタートしていますが、周りの方の反応はいかがですか?

「ストーリーがとにかく面白い」と聞くことが多いです。また、毎回美味しそうな料理が出てくるので「この料理を作ってみた」とか。私の演じる役に関しては、今までこういう役がなかったので新鮮だという声がありました。

――“腐女子”という言葉は知っていましたか?

もちろん! 腐女子の友達がいます。でも、私自身は漫画やアニメが好きなオタクなんですが、腐女子ではないんですよ。

――春菜と内田さんの共通点はありますか?

漫画が好きなところと、あんまり女の子っぽくないところは近いかもしれないです。私も普通に男子の輪の中に入っちゃうタイプなので。でも、私は春菜みたいに物事をサバサバ言えないですね。「うるさい」とか「それ違うよ」とかはっきり言えるところは憧れます。

――“就活生”という設定でもありますが、就活の経験はありますか?

いえ、大学には通っていたのですが、就活はしていませんでした。でも、周りがかなり大変そうで……。そんな就活の悩みだったり、みんなで飲みにいったり、大学生ならではの“ノリ”などを経験できなかったので、私が大学生活で出来なかったことを、今ドラマで経験させていただいているという感じです。

――第6話では、お酒を飲みすぎて酔っぱらうというシーンがありますが、内田さんご自身そういう経験はありますか?

それもないんです! お酒も、すごく飲むっていうタイプじゃないので……。第6話で、演技ですが酔っぱらって本能のままふるまうのは、めちゃめちゃ楽しかったです(笑)。暴れて暴言を吐いたりって、普段あまり出来ないことなので、とてもスッキリしました。

――お酒の勢いで、良太に迫るというシーンもありますが……。

あのシーンは監督が特に力を入れて撮ってくださったので(笑)、ちゃんと色っぽいシーンになっていると思います!

――第2話での彼シャツに引き続き、彼Tも披露されるんですよね。

そうなんです。短パンも穿いているんですけど、それが隠れる丈の“彼T”です。最初は「ピチピチのTシャツ」を着る予定だったんですけど、ピチピチだと明らかに変だったので、ダボダボに変わりました。

――ピチピチの方が色っぽく感じる気がしますが……

最初、衣装合わせの時に「ピチピチの方がそそられるんじゃないか」ということで、小さいTシャツが用意されていたんですよ。でも、その日に私が着ていた私服のTシャツが、ちょっと大きめで短パンが見えないぐらいの丈だったんですが、そこで「こっちの方がいいんじゃないか!」となって、その私服のTシャツの丈を測って、わざわざ衣装を作りました。アニメのキャラクターのプリントが入った特注のTシャツなので、是非そこも注目していただきたいです。

関連リンク
内田理央「マッパで!」彼シャツシーン撮影秘話を語る

生瀬勝久、ヤクザの組長役でテレ東ドラマ初主演!

内田理央、“お尻”を封印!新ドラマでBL好きな腐女子ヒロインに

『侠飯~おとこめし~』公式サイト
テレビドガッチ

関連キーワード

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ