Amebaニュース

結婚できるかが決まる?女の「27歳」は人生のターニングポイントだった

7月24日(日) 12:00

提供:
女性にとって「27歳」はいろんな変化が起こる時期です。まだずっと先だと思っていた「結婚」も、周りに結婚する人たちが増えてくることで、リアルな重圧を感じ始めることでしょう。

そのほか、仕事ではリーダーを任されるようになり、やりがいを感じる一方で、30歳を目前に「このまま続けていいのだろうか」と悩みが絶えない時期です。

今回はそんな微妙なお年頃「女の27歳」に注目。彼女たちを取り巻く現在の環境をのぞいてみたいと思います。

■【仕事編】平均年収は372万。経済的なゆとりはあるけれど……
ストレートで大学を卒業していれば、27歳は社会人5年目を迎える年齢です。職場では中堅社員として評価され始める時期。職種によっては、プロジェクトのリーダーを任される人も出てきます。

27歳の平均年収は372万円。貯蓄額は269万円。独身であれば、収入はすべて自分の好きなことに使えるので、趣味や勉強など自己投資をする人も多いのが特徴です。

経済的なゆとりもあり、仕事にはそれなりに喜びを感じている一方で、周りで転職する友人をみて、「このまま今の職場で社会人生活を過ごしていいのだろうか」と迷うことも多く、「新しい業界に飛び込むなら30歳まで」という定説に翻弄され、夢と現実の狭間でモヤモヤと悩む時期です。

転職を考えたり、新たなる資格を取得しようと考える人が多い年齢で、「自分もこのままではダメだ」と、行動する勇気が出やすい27歳。今まではなかなか行動に移せなかったことでも、思い切って決断することで、成功しやすくなるのかもしれません。

総じて、27歳はターニングポイントでもありながら、目標に向かって前進できるエネルギッシュな年齢と言えそうです。

■【恋愛編】周りの結婚ラッシュに感じる「焦り」
Honeymoon Trip, Bride Wedding Dress, Blue Sky, Romantic Travel Concept

さらに女性であれば、結婚のプレッシャーも重くのしかかってきます。ふと気がつけば20代も後半。「まだ20代だし!」と必死に言い聞かせても、現実は「アラサー」という言葉がしっくりきてしまうお年頃。

合コンに誘われる機会もゆるやかに減っていき、三十路を迎える前に何としてでも結婚したい!と「焦り」の2文字が浮上してくるのです。

結婚披露宴の招待状が自宅に届くたびに、親から「あんたはまだなの?」とせっつかれるようになったという声もあり、独身生活を満喫したい半面、人生のライフステージを着実にのぼっていく友人の姿に、「売れ残りだけは避けたい」というのが素直な本音のようです。

また、結婚に対し焦りを感じている人ばかりではなさそう。27歳で「結婚をしたい」と思うか「まだ大丈夫」と思う人は大きく別れ、ここで「まだ結婚しなくても大丈夫」と感じた人は、晩婚になる可能性がグンと上がります。

30歳までに結婚するか、しないのか。27歳での意志が大きなターニングポイントとなりそうです。

■27歳は女の転機!残り時間の逆算を
女性にとって27歳は、結婚も仕事も、大きなターニングポイントを迎える時期。その分、悩みが尽きないお年頃です。特に結婚に関しては、30歳を過ぎると出産のタイムリミットが押し寄せてきます。

結婚願望がある人は、「私もいつかそのうち……」とどっしり構えるのではなく、いつまでに結婚したいかを具体的に目標として設定しておきたいところ。リアルなシミュレーションができれば、今すべきことがおのずと見えてくるはずです。

不安やプレッシャーに押しつぶされず、自分の幸せをつかみとっていきましょうね。


【関連記事】

「ググれカス」の終焉……若者たちは「クリック世代」に突入していた!

1987年生まれはプレッシャー世代なの?それともゆとり世代なの?

で、結局のところ「さとり世代」って何歳からなの?

フランス人女性に学ぶ!うつ顔にならないために大切なマインド4つ

【大人のたしなみ塾】~ついついやってしまう箸のマナー違反~

ハナクロ

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ