Amebaニュース

『ゆるゆり』公式『Twitter』アカウントが初日から炎上 編集長&なもり先生が謝罪する事態に

6月25日(土) 16:30



一迅社の『コミック百合姫』で連載されている、なもり先生の『ゆるゆり』。2016年6月25日に突然公式『twitter』アカウント(@yryr_yhc)が立ち上がったのですが、不規則発言を繰り返してファンからの反感を買ったため、開始後約半日で中村成太郎『コミック百合姫』編集長(@r_yurihime)が謝罪し、新たな担当者を据えることをツイートする事態となりました。


ありそうでなかった、ゆるゆり原作アカウント。衝動的にローンチしましたが、今後ともよしなに。


というツイートや「\アッカリ~ン/」を連呼するなど、当初はほのぼのした空気ではじまったアカウントですが、「有益な情報はまとめサイトのほうが詳しいですよ!」といった発言から雲行きが怪しくなっていき、批判が集中。さらに

俺は嫌な思いしてないから
それにお前らが嫌な思いしようが 俺の知ったことではないわ
だって全員どうでもいい人間だし
大袈裟に言おうがお前らが死んでもなんとも思わん
それはリアルでの繋がりでないから つまりお前らに対しての情などない


とツイート(現在は削除)。さらにクレームの勢いに拍車がかかる事態となりました。
これに対して中村編集長が


対応を考えます


とツイート。その後、


【お詫び1/2】本日開始しました「ゆるゆり」公式@コミック百合姫のアカウントにて、不適切な発言と対応がございました。なもり先生および関係者の皆様、そして何より「ゆるゆり」を愛して応援して下さっているファンの皆様を不快にし、また悲しい気持ちにさせてしまい申し訳ございませんでした。

【お詫び2/2】今後は原作公式としての自覚と確かなリテラシーのもとに、皆様からの信頼を回復し、安心してフォロー頂けるアカウントを目指して参ります。ファンの皆様と同じ方向を向いて歩む公式にすべく精進致します。至らぬ点もあるかと思いますが、その際はご指摘頂けますと有り難く思います。


と謝罪。中村編集長も、


【お詫び】この度の「ゆるゆり」公式@コミック百合姫twitterにおける不適切な発言と対応は、全て編集長である私の責任です。今後は新たな担当者とともに、健全な運営を心がけてまいります。なもり先生および関係各位、そしてファンの皆様方、誠に申し訳ございませんでした。


と謝罪するとともに、担当者を変えて運営していくと発言。

また、原作者のなもり先生までも、


私からもお詫び致します。皆様にご心配おかけしまして本当に申し訳ありませんでした…。


とツイート。これには、

「なもり先生には何も責任はありませんよ」
「とばっちりですし、あまりお気になさらぬよう」
「先生は何も悪くないですよ!ゆるゆりも悪くありません!先生もゆるゆりも応援し続けますよ!」


といった、ちょうど誕生日を迎えたなもり先生に対しての励ましの返信が集まっていました。


※画像は『Twitter』アカウントより
■関連記事
「SMAP全員が混ざったような顔」 覚醒剤で逮捕された元・歌のお兄さんが話題に
【格安SIM】ついに出た!ネットも電話も使い放題! 『DTI SIM ダブル放題』を使用してみた
【6/20閉店】またひとつ高田馬場で巨星堕つ! 二郎インスパイア系ラーメン『用心棒Ⅱ階』
ゆとり第一世代がドラマ『ゆとりですがなにか』を見て思ったこと(最終話)
ガジェット通信

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ