Amebaニュース

大学1・2年生から意識したい! 資格コレクターが教える、就活に役立った資格5選

6月21日(火) 10:00



大学生のみなさんは、なにか資格を取ろうと思ったことはありますか? 資格を取得すれば自分の強みになるとわかっていても、世の中にはたくさんの資格がありすぎて、どれを目指せばいいかわからなくなってしまいますよね。そこで今回はさまざまな資格を取得している茨城大学人文学部の大学4年生にインタビューしました。彼女は22歳で資格を17個取得しています。毎回履歴書やエントリーシートの資格欄をビッシリ埋めていた彼女は、一体どの資格を強みにしたのでしょうか。


■就活に役立った資格は?

―Mさんは資格をたくさんお持ちだと思いますが、就活で特に役立ったのはどんな資格ですか?


Mさん「1番はやはり普通自動車第一種運転免許ですね。これはもはや必須です。大抵の求人には自動車免許が必要と記載されていました。私は運転が下手なので免許を取得するのに時間がかかりましたが、取っておいてよかったです。そもそも免許がないと通勤にも不便ですので就活以前に、社会人としてもっておくべきだと思います。免許は資格とはいいにくいかもしれませんが、私は運転が可能という者を表す立派な資格だと考えています。教習所に通っても取得に時間がかかり、学ぶことも多いです。」

免許に次ぐ資格は何ですか?

Mさん「次はTOEICですね。断然TOEICです。最近の日本の企業はみなグローバル化をしており、世界を目指しています。少しでも英語に有利な人材を雇いたいからです。例えば、大手企業はエントリーシートにTOEICの点数を書く欄を設けていることが多いです。大手はすでに国内を占めていることが多いので、早く世界へ進出したくてうずうずしているのです。面接でも改めてTOEICの高点数をいうことができれば、かなり有利になるでしょう。TOEICの代わりに英検でも大丈夫です。ただ1級ぐらいですね、強みになるのは。」

2位がTOEIC、英検。次は?

Mさん「日商簿記ですね。どこの会社にも経理はいますし、数字を扱えるという点は他の学生と差別化できます。ただし2級までは意外と簡単に取れるので、目指すは1級です。1級と2級では断然違います。」

―さてここまでは私も予想できましたが、4位を教えてもらってもいいですか?

Mさん「MOSです。Microsoft Office Specialist。あまり知らない人もいるのですが、基本的にマイクロソフト関係はどこの会社も使います。ワードやエクセル、パワーポイントなど。MOSはこれらが使えるという立派な資格です。口だけで言うことと、MOSをもっていること、意外にも反応が全然違いました。MOSを知らない会社もありましたのでそこには通用しないかもしれません。」

―最後の5番目はどんな資格でしょうか?

Mさん「社会保険労務士です。高齢化社会の問題により、企業が頭を抱えやすい所になりつつあります。自治体から告知された介護助成金や、年金などの整理を行えるようになります。この資格は取得率がとても低いので、もっているだけでもインパクトがあります。どこの会社にも通用し、差別化できるということです。」

いかがでしたか? 業界毎に有利な資格が変わってくるので、取るべき資格を見極めて取得するべきだとMさんは言います。もちもん上の5つを全て取得しても、必ずしも内定を得られるわけではありません。自分磨きができる大切な経験を学生時代にたくさんすることが一番大切。その上でさらにスキルアップを目指したいなら、今回挙がったような資格にチャレンジしてみるといいのかもしれませんね。

インタビュー協力者、茨城大学人文学部大学四年生Mさん(匿名希望)
テニス部所属、悩みだった就活を終え、今はテニスに没頭している。
http://www.ibaraki.ac.jp/depart/hum/index.html

【関連リンク】
本当にあるの?ただの都市伝説?超高額バイトの都市伝説は実在するのか?
やっぱり他の人に差を付けたい!面接官が惹かれる就活に有利な資格とは?
英語講師に聞いた! 一生懸命やれば最短どのくらいで英語を話せるようなる?
現役大学生が教える! TOEICの効率的な勉強法4つ
マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ