Amebaニュース

シンガポール航空、A350-900で最長フライト路線開設へ

6月18日(土) 10:49

提供:
シンガポール航空がシンガポール-サンフランシスコ線に投入するエアバスA350-900 資料提供:Airbus シンガポール航空(SIA)は、シンガポール-サンフランシスコ線の直行定期便、また米国への運航拡大によるシンガポール-ロサンゼルス線定期便の増便を発表しました。シンガポール-サンフランシスコ線はエアバスA350-900を投入し、2016年10月23日からデイリー運航を実施します。
 現在シンガポール航空は、香港、またはソウル(仁川)を経由するサンフランシスコ便をそれぞれ毎日運航しています。今回のシンガポール-サンフランシスコ線の直行便開始により、シンガポール-ソウル(仁川)-サンフランシスコ線は、10月23日よりシンガポール-ソウル(仁川)-ロサンゼルス線に経路変更します。
 これにより、シンガポール-ロサンゼルス線定期便は成田を経由する便とあわせて1日2便となります。成田経由のシンガポール-ロサンゼルス線は、ファーストクラス4席、ビジネスクラス48席、新プレミアムエコノミークラス28席、エコノミークラス184席の4クラスを配置するボーイング777-300ERを投入しています。
 10月23日に開設するシンガポール-サンフランシスコ線の飛行距離は約13,600キロ。フライト時間は飛行方向と季節により変動し、14時間35分~17時間45分。これは、現時点でシンガポール航空における最長フライトです。
 2018年以降はさらに新しいA350-900の超長距離型であるA350-900ULRの導入により、シンガポール-ロサンゼルス線、約1万6,110キロの飛行距離があるシンガポール-ニューヨーク線も飛行可能になります。シンガポール航空はA350-900ULRのローンチカスタマーです。
Traicy

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ