Amebaニュース

バンタンがICTで教育一新、オリジナル動画配信サービスを稼働

5月20日(金) 11:45

提供:
 クリエイティブ分野の即戦力人材育成を目的としたスクール運営事業を行う「Vantan(バンタン)」は5月16日、反転授業の概念を活用したバンタンオリジナルのオンライン学習動画配信サービス「Vantan FLIP CHANNEL」の稼働を開始した。5月末までに全ジャンル21コースに導入する予定。

 「Vantan FLIP CHANNEL(バンタン フリップ チャンネル)」は、動画を使った授業手法である「反転授業」の概念を活用したバンタンオリジナルのオンライン学習動画配信サービス。反転授業は、通常行われている授業から復習のプロセスを反転させ、予習から授業のプロセスで学習を行うことで学習意欲の向上・知識の定着を促す教育方法。日本においても近年注目されており、教育現場において導入・実証されている。

 バンタンでは、実習やプロジェクトなどの実践授業増加による優秀学生の育成と、基礎スキル習得の徹底による入学初期段階での技術ネックを抑止することを導入の目的としている。「Vantan FLIP CHANNEL」の導入により、パソコンやスマートフォンなどを用いて基本的な知識を授業前に予習し、授業内では知識の確認や課題解決、議論、実習、制作などにより多くの時間を割くことができる新たな学習スタイルを目指す。

 動画視聴は24時間いつでも可能。自分のペースに合わせ何度でも予習・復習ができる。各動画は約10分で構成されており、2016年度はバンタンが扱うジャンル合計約3,000の動画を配信する予定。バンタンが提供する全21コースすべてに対応する。

 授業内の講義時間を減らすことで、講師は学生ひとりひとりにより細やかな対応ができるようになり、学生たちは自分のペースで学習を進めることができるという。バンタンでは、ICTを活用してグループ全校の教育方法の一新を目指している。



【関連写真】バンタンがICTで教育一新、オリジナル動画配信サービスを稼働

■関連記事
反転授業とは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
日本初のスケートボードを学ぶ高校、2017年開講…6月募集開始
【EDIX2016】eラーニング注目株は「動画配信」と「教材制作支援」
MSとこだまリサーチ、文教向け動画配信ソリューションを協同提供
リセマム

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ