Amebaニュース

就活で圧迫面接を経験したことがある人は約3割! 「代わりはいくらでもいると言われた」

4月15日(金) 18:00



就職活動の面接では、学生を追い詰めるような厳しい質問をしてきたり、理不尽なことを言って困らせようとしてきたりする面接官に出会うことがあります。そんな辛い面接を体験したことがある就活生はどれぐらいいるのでしょうか? 今回は若手社会人を対象に、圧迫面接だと感じた面接の体験談を聞いてみました。

Q. 就活中に圧迫面接だと感じたことはありますか?

はい……32.8%
いいえ……67.2%

今回のアンケートでは、約3割の社会人たちが圧迫面接だと感じたことがあるという回答。ではその内容はどんなものだったのか、詳しく聞いてみましょう。

■面接で追いつめられる

・面接を受けた会社の今日の株価を聞かれて答えられなかった(男性/31歳/電機)
・時事問題をやたら聞いてきて困らされた(男性/29歳/医療・福祉)
・面接に入ってから何一つ話しかけられず、数十分立ったまま過ごした(男性/24歳/商社・卸)

難しい質問をわざとぶつけてきたり、就活生たちを困らせるために追い込んできたりするのが圧迫面接の特徴です。ストレス耐性の高さや柔軟性を見るために行う企業が多いそうですが、される側の学生からするとたまらないですよね。

■人格否定で圧迫してくる

・「あなたのような人はいっぱいいるので個性を出せ」や「これが本日最後の面接なので面接時間が短くなるか長くなるかはあなた次第」と言われた(女性/25歳/情報・IT)
・君の代わりはいくらでもいるよと言われた(男性/27歳/金融・証券)
・なぜ業界を絞っていないのか? 絞らないということは、自分の軸がないのではないか? など(男性/24歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

これも圧迫面接でよくある手法です。この場合、就活生が「冷静に振る舞えるか」や「どう切り返してくるか」等を見ていることが多いとか。

■脅し? それとも単なる質問?

・もし第一志望と言って合格し、内定辞退すると今後の子たちの就職に影響が出るよ(女性/26歳/その他)
・うちの会社の面接は何社目なの? と聞かれたこと(女性/25歳/自動車関連)

中にはオワハラまがいな言葉を投げかけてくる担当者もいるよう。キツイ質問ほど担当者の意図を見抜く目が必要かもしれません。

■一方的に責めてくる

・本当に接客できるの。笑顔が長所なら笑ってみてよ。できないの。なら接客は向いてないんじゃないの。など高圧的な態度で言われた(男性/24歳/小売店)
・違くない? 普通に考えたら答え分かるよね? ときつい口調で言われた(女性/23歳/小売店)

圧迫面接で思わず泣けてきてしまうのが、面接官が一方的に責めてくるケース。そんなに意地悪しないでも……とは思いますが、社会に出るとよくあるシーンなだけに「試されている」と思って頭を切り替えるのが肝心?

圧迫面接はいい人材を見抜くために行われている場合もあれば、単なるオワハラで行われている場合もあります。後者にはできるだけ遭遇したくないですよね。とはいえ、圧迫面接かどうかは面接を受けてみるまでわかりませんから、怖い面接官に出会ってしまったら気持ちを切り替えてまずはその場を乗り切ることに集中したほうがいいかもしれません。

(ファナティック)

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年4月
調査人数:社会人1~3年目の男女404人(男性209人、女性195人)

【関連リンク】
「はい!」と言うつもりが「押忍!」。面接で思わず吹き出した出来事
「君さぁ、何で内定もらえないかわかる?」。実録! 圧迫面接問答集
社会人が思う、今自分がもう一度就活するとしたら行きたい業界は? 1位は「団体・公益法人・官公庁」
2014卒内定者「就活時にプレッシャーを感じていた」8割以上。「内定なければ未来なし」約7割
マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ