Amebaニュース

木登りやサッカー? 大人の記憶力が50%もアップするスゴイ運動

2月15日(月) 8:00

提供:
 大人だって記憶力はアップさせたい。記憶力が良くなれば、約束を忘れて怒られたり、ばったり出会った人の名前を思い出せずに気まずい思いをしたりしなくてもすむ。記憶力の衰えはいつの間にか忍び寄ってくるので、せめて現状維持だけはしたいものだ。

 そんな大人に朗報がある。木登りのような運動をすると、大人でも記憶力が良くなるというのだ。「脳トレドリルは性に合わない」などと思っている方には、うれしい情報ではないだろうか。

□運動と記憶力の強い関連性 木登りが特にすごい
 米国のノースフロリダ大学の研究チームは、運動と記憶力との関連を調査した。18歳から59歳の男女72名に参加してもらい、簡単な作業記憶をテストした。その際、一部のグループに木登りやアスレチック、素足で走り回るなどの運動をさせたり、ヨガレッスンを受けさせたりした。

 運動の種類とテスト結果を比較した結果、木登りやアスレチックなどの運動をした人の作業記憶が、なんと50%もアップしたのだ。

 その一方、ヨガのレッスンをした人の記憶力には変化が見られなかった。このことから、運動をすれば良いというわけではなく、運動の種類によって記憶力アップに効果があるかないかの差が出ることが分かった。

□考えなければいけない状況が脳を鍛える
 木登りやアスレチックは、体の鈍った大人にはハードルが高い運動だ。初めの一歩から戸惑いの連続かもしれない。いろいろな動きの瞬間ごとにバランスや取るべき姿勢が変わるので、状況に応じた判断と対応をし続けなければならない。予想できない状況が続く運動は、体を動かしながら脳も考えなければならない。それが感覚を研ぎ澄ませ、脳を鍛えることになり、記憶力アップにつながっているようだ(※1)。

□ツリークライミングやボルダリングも
 しかし、木登りは危なそうな上、子どもが一緒じゃないと人目が気になると思う方もいるだろう。そんな方には、大人でも安全に楽しめる木登りがある。ツリークライミングだ。専用のロープや安全器具を利用して木に登るので安全で、木や自然との一体感を味わうこともできる(※2)。

 壁や岩の突起物をつかんでロープ無しで登るボルダリングも、木登りと同様の効果が期待できる。たくさんあるルートの中から、どのルートなら登れそうかを常に考えなければいけないからだ。室内のボルダリングジムを利用すれば、初心者でも手軽にスポーツとしてクライミングを楽しむことができるだろう(※3)。

□公園の遊具なら続けやすい
 何より大切なのは継続することだ。そのためには、近くの公園などで継続できる運動も見つけておきたい。最近は各地の公園の片隅に、大人も使えるストレッチやジャンプ用の健康遊具が増えてきている。大人の健康づくりの遊具なので遠慮なく利用できる。子ども用の遊具しかなければ、平均台や鉄棒などを使う運動がいいだろう。

 また、テニスやサッカーなども次の瞬間が予測しづらい運動なので、木登りと同じような効果が得られる。相手の出方やボールが飛んでくる位置を予測し、事前に移動して次に備えるため思考力が必要なのだ。

 木登りだけでなく運動の選択肢はいろいろある。継続できそうなものを見つけて記憶力アップにチャレンジしてみてはいかがだろうか。


【関連記事】
片頭痛×コーヒーに注意 カフェインはもろ刃の剣だった
女性の目線クギ付けの厚い胸板を目指すなら…超重要なカギは睡眠だった
「不妊」をハーバード大が明らかにした 妊娠しにくい女性の「働き方」
知っておきたい! ドーピングしたことになってしまう一般薬とは?
だから「朝活」が続かない!? 世界でも突出。朝寝坊な日本人
CIRCL

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ