Amebaニュース

ドミネーターの次は攻殻機動隊のタチコマ! Cerevoが2017年冬を目指して開発

2月12日(金) 13:50

提供:
ドミネーターの次は攻殻機動隊のタチコマ! Cerevoが2017年冬を目指して開発
イメージ

株式会社Cerevoは11日、映画やアニメの作中に登場する道具や武器などを、家電のテクノロジーを使って現実世界に可能な限り再現するプロジェクト「S2R(From screen to the real world)」の第2弾として、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズに登場する小型多脚戦車「タチコマ」をモデルとした製品の開発をスタートしたと発表した。発売は2017年冬を予定している。

タチコマは、4つ以上の脚と2つの腕、そして人工知能を搭載する思考戦車。「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズに登場して主人公の草薙素子やバトーを支援し、そのAIは各個体ごとに個性も持っている。作中では自動車ほどの大きさのタチコマだが、Cerevoが開発するのは1/10程度のスケール。電動での自立歩行、または車輪による走行機能を基本に備え、スマートフォンやインターネットとの連携機能も搭載する予定だ。

タチコマ (c)Shirow Masamune・Production I.G/Kodansha
タチコマ
(c)Shirow Masamune・Production I.G/Kodansha

同社は先頃、「S2R」の第1弾として、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」に登場する銃「ドミネーター」の発売を発表して大きな話題をさらったばかり(3月発売予定)。「ドミネーター」は変形モードを搭載したり、犯罪係数を計れたりなど、作中の機能をしっかり表現。タチコマの再現にも期待が集まる。

Cerevoのドミネーター
Cerevoのドミネーター

発表資料
URL:https://info-blog.cerevo.com/2016/02/11/1912/
2016/02/12


■関連記事
うるう年問題、三井住友・東京VISAのICカードは2月29日に利用不可 (2016.2.12)
大日本印刷、お菓子などのパッケージに写真を印刷できる自販機的システムを開発 (2016.2.12)
アニメに特化したクラウドファンディング「OFSEA.IO(オフセア)」がプロジェクト募集開始 (2016.2.12)
Frekul、JOYSOUNDで自作曲を配信できるサービス「かんたんカラオケ配信」を提供開始 (2016.2.12)
「冬の田んぼアート」降雪で消えるもオリジナル作品で復活へ (2016.2.11)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ