Amebaニュース

しずちゃん、狩野英孝のモテぶりに納得いかず? 「すごい時代やなと思います」

2/11(木) 21:38

提供:
 コーエーテクモゲームスのPlayStation用ソフト「進撃の巨人」完成発表会が11日、東京都内で行われ、ゲストとして南海キャンディーズの山崎静代、とろサーモンの村田秀亮、こりゃめでてーなの大江健次ほかが出席した。

 このゲームは、同名人気原作の特徴である自由にハイスピードな移動を行う立体機動や迫り来る巨人たちを駆逐するアクション、オリジナリティーあふれる壮大なストーリーを再現し、まるでアニメの登場人物を操作しているかのようなプレー感が味わえる。

 原作のファンという村田と大江がデモプレーを行い、村田は「映像がきれいすぎて、実際に自分たちが闘っているみたい」、大江も「ゲーム化が決まって、どうやって巨人を再現するのかとうわさになったらしい。グラフィックも想像を上回るクオリティーで、このあと家に帰るのが怖い」と驚きを語った。

 その後、山崎がステージに設置されたパネル上から“超大型巨人”さながらにひょっこりと顔を出し、「誰が巨人やねん。お前ら食べるぞ」と登場した。2人のプレーを見た山崎は「風景もめっちゃきれいで動きも迫力があって、出てくる巨人の種類がみんな違うからタイプの巨人を探す楽しみもある」と独特の着眼点で笑いを誘った。

 大人になってからあまりゲームはしていないという山崎は「今はもう恋愛がゲームみたいな感じ。駆け引きとかね」と妖艶に語り、2人の女性との交際騒動などモテぶりが話題の狩野英孝については「やっぱりモテるんですよね。NON STYLEの井上(裕介)くんもモテるらしく、ああいう人がモテるってすごい時代やなと思います」と納得のいかない様子だった。

 ゲームは2月18日発売。


(左から)大江健次、山崎静代、村田秀亮




【関連記事】
三浦春馬『進撃の巨人』は「プレッシャーがあった」 本郷奏多「春馬くんはめちゃくちゃ男前」
映画『進撃の巨人』後篇の予告映像が解禁
『進撃の巨人』『機動戦士ガンダムUC』『まれ』等の人気劇伴作家 澤野弘之がCDショップの為に楽曲書き下ろし
「バリ勝男クン。」×『進撃の巨人』がコラボ、限定発売
三浦春馬「これから先も残ってくれることを願っています」 実写版『進撃の巨人』が国内初お披露目
TVfan

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ