Amebaニュース

「サブ彼氏」を作るアラサー増殖中!その実態とメリット・デメリット

2月5日(金) 7:00

独女の皆さん、「サブ彼氏」という言葉をご存知ですか?これは、いわゆる本命の彼氏ではなく、サブポジション彼氏のこと。今、巷で密かに浸透している「サブ彼氏」についてと、メリットとデメリットに迫ってみました。
◆「サブ彼氏」とは?
まず、「サブ彼氏」とはどのような存在なのでしょうか。
ズバリ本命彼氏の二番手で、デートやボディタッチは本命彼氏と同様に行います。一昔前の表現を借りれば「キープ君」といったところでしょうか。彼らは、本命彼氏とうまくいってない時や結婚できそうにない場合に力を発揮し、精神的なバランスを保ってくれるようです。
その他にも、結婚したい女性がもっといい人を探すための踏み台にすることも。少しでも「いいな」と思った男性とはとりあえず付き合っておき、さらに素敵な人を探すようです。
◆「サブ彼氏」と「○○フレンド」の違い
よく「○○フレンド」という言葉を聞くのではないでしょうか。セフレやキスフレが代表的ですが、今では「ソフレ(添い寝フレンド)」、「カモフレ(カモフラージュフレンド)」、「ビリフレ(リハビリフレンド)」、「サンフレ(サンドバックフレンド)」などの多様さを見せています。
恋人未満の関係ではありますが、目的によってはボディタッチもアリのこの関係。しかし「フレンド」という枠組みは超えていないため、彼氏とは違う存在として接するよう。一見同じように見えますが、「サブ彼氏」は「○○フレンド」とは全く違うものなのです。
◆「サブ彼氏」のメリット・デメリット
本気で結婚を目指すアラサーにとって、「サブ彼氏」は一長一短。しかしデメリットの方が大きいと言えます。
まずメリットについて考えてみましょう。もし本命彼氏が忙しい時、寂しい思いを抱え込まずにサブ彼氏に癒してもらうことができます。さらに、忙しい彼にすがりついて「重い女」と思われる危険性もなくすことができるでしょう。
また、本命彼氏との結婚がうまくいかなかった場合、一から出会いを探すという手間も省けますし、自分を好きでいてくれることで女としての自信を失うこともありません。つまり「サブ彼氏」は、精神的な安定をもたらしてくれるのです。
しかしそれ以上にデメリットもあります。
まず「サブ彼氏」がいる安心感から、本命彼氏への誠意が欠けてしまうでしょう。もしそのような態度が相手に伝わってしまったら、本命からも「サブ彼氏」からも都合のいい女として扱われてしまいます。ひいてはあなた自身が「サブ彼女」になってしまう危険性もあるのです。
さらに、「もっといい人がいるはず」と貪欲に出会いを探していると妥協できなくなり、結婚が遠のいてしまいます。同時に、出会う男性の粗探しばかりするようになり、どんどん理想が高く、凝り固まってしまう可能性も。
いつでも結婚できる状態でいるための「サブ彼氏」のはずなのに、その存在が婚期を遅らせる最大の原因になってしまうのかもしれませんね。
他の男性に頼るのではなく、自分で上手にバランスをとれる女性こそが結婚に向いてる女性。「サブ彼氏」に一度ハマってしまうと、その楽さからなかなか抜けられなくなります。本気で結婚を考えるのであれば、手を出すのはやめておきましょう。

【関連記事】

結婚できない独女が会話で使う「3つの言葉」

ああ無情!イケメン芸能人の結婚にショックを受ける独女の心理

「お菓子メーカーの戦略だ!」アラサー独女の悲しいバレンタインが判明

【三十路と婚活】こんな男とデートしてみた~技術者/27歳~

これはムリ!デートで「結婚不適合女」と認定される3つのNG行動

東京独女スタイル

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ